セブ島への直行便が大阪&名古屋にも就航、2015年3月からは成田 〜 セブ島にLCCも参入

現在はフィリピン航空の成田 〜 セブ島(2便/日)のみが就航している、日本 〜 セブ島(フィリピン)の直行便が、2014年冬 〜 2015年春にかけて相次いで開設されるのでまとめ。

フィリピン航空:2014年12月より大阪(関空)&名古屋(中部) 〜 セブ島に就航

フィリピン航空は、就航中の成田 〜 セブ島に加えて、大阪(関空) 〜 セブ島を週4便、12月19日より開設する。翌日20日からは名古屋(中部) 〜 セブ島も週3便就航し、12月下旬からセブ島への直行便就航都市が3都市に増加する。

[フィリピン航空の増便予定]
大阪(関空) 〜 セブ島:12月19日より就航、週4便
名古屋(中部) 〜 セブ島:12月20日より就航、週3便

■フィリピン航空がセブ島 〜 大阪(関空)&名古屋(中部)を開設
フィリピン航空が セブ島 〜 大阪&名古屋に就航

大阪(関空)および名古屋(中部)からセブ島の直行便は、それぞれ週4便と週3便になっているため、使い勝手という面では2便/日就航している成田 〜 セブ島に比べて劣るものの、首都圏以外からもセブ島へのアクセスがしやすくなっているのは、大阪および名古屋エリアからセブ島に、あるいはセブ島から大阪&名古屋エリアを訪問する方には嬉しい路線拡大と言える。

また、フィリピン航空はANAとの提携によって、コードシェア便の運行や日本各地からの乗り継ぎ運賃を10月26日より発売(乗り継ぎ運賃での購入は現時点でコールセンターからのみ)しているため、大阪&名古屋以外のエリアからの乗り継ぎについても、従来と比べて使い勝手が改善している。
関連エントリ:ANAとフィリピン航空が2社間提携に合意 コードシェア便の運行やマイレージ提携を開始 | shimajiro@mobiler

セブ・パシフィック航空:2015年3月より成田 〜 セブ島に就航、LCCでは初

東京(成田) 〜 セブ島の間には、2015年3月26日よりセブ・パシフィック航空が成田 〜 セブ島に就航することを発表。週4便での運行となるため、既にフィリピン航空が運行している14便/週と合わせると週18便、成田 〜 セブ島の直行便が運行される。

LCCのため、座席間隔が狭いなどの点はあるけれども、通常時の運賃は往復総額(燃油サーチャージを含む)約26,000円となるなど、フィリピン航空と比べて半額以下になるため、従来と比べて非常に安く成田 〜 セブ島の直行便を利用することができるようになる。

セブ・パシフィック航空の成田 〜 セブ島就航については以下エントリにて。
セブ・パシフィック航空、成田 〜 セブ島に2015年3月より就航!LCCでのセブ島直行便は初 | shimajiro@mobiler

セブ・パシフィック航空は、日本からフィリピン(マニラ&セブ島)への運賃が片道100円になるセールを頻繁に行っているため、セール価格で航空券を購入すると通常運賃よりも大幅に安く航空券を購入することも可能。特に旅行でセブ島を訪問する場合は、セブ・パシフィック航空の価格が魅力的。

なお、セブ島(正確にはセブ島の隣のマクタン島)の空港は、国際線の空港使用料がPHP 550(約1,300円)からPHP 750(約1,800円)円と11月1日より値上げ予定となっているのでご注意を。

Philippine Airlines | 23 Oct 2014 IPSC DPSC at CEB
Philippine Airlines 23 Oct 2014 IPSC DPSC at CEB