成田空港、国内線に往復880円の空港使用料を設定 – 新設するLCCターミナルでは往復760円

成田国際空港株式会社(以下、NAA)は、2015年4月8日よりLCC専用の『第3ターミナル』を開業することを発表。

NAAのプレスリリース(PDF)は以下より。

第3旅客ターミナルビル供用後の旅客サービス施設使用料等について – 成田国際空港会社(PDF)

2015 年 4 月 8 日の第 3 旅客ターミナルビル供用に合わせて、成田空港の旅客サービス施設使用料(PSFC)等の料金体系を変更いたします。

あわせて、これまでは国際線の乗客からのみ徴収していた施設使用料を、国内線の乗客にも徴収を開始する。施設使用料は既存の第1・第2ターミナルを利用する場合、片道440円(往復880円)、新しく開業する第3ターミナルでは片道380円(往復760円)が設定される。

NAAでは、一連の空港使用料の改定の目的を『我が国の玄関口として、ますます大きな役割を果たしていくため』としている。

成田空港では、我が国の玄関口として、ますます大きな役割を果たしていくために、第3旅客ターミナルビルの供用に加え、国際線のみならず国内線についても更なるサービス向上に取り組んでまいります。このため、この度の第3旅客ターミナルビルの供用に伴い、第1・第2旅客ターミナルビルを含めた全てのターミナルビルにおいて、国際線・国内線共にPSFCを導入することにより、成田空港をご利用のお客様皆様に、直接ご負担いただく形に見直すことといたしました。

なお、第3ターミナルの国際線(出発時)の空港使用料は1,540円となり、既存の第1・第2ターミナルと比べて1,070円安い。

成田空港のターミナル別空港施設使用料は以下。

成田空港、ターミナル別空港施設使用料

ターミナル 現状 2015年4月8日以降
国内線 国際線 国内線 国際線
第1ターミナル 無料 2,610円 440円 2,610円
第2ターミナル
第3ターミナル なし 380円 1,540円

※料金は大人1人あたり。国際線は旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料を合算。

国内線についてはLCCの利用有無に関わらず空港使用料が発生するため、成田空港国内線の搭乗者は現状と比べて料金負担が増加する。

施設の維持・運営に係るコストの一部を搭乗者が負担する。という考え方自体は理解できるものの、どちらかと言えば『取れるところから取る』という印象があるので、施設使用料の設定は不満。乗客から徴収する施設使用料を元に、空港設備が改善されるのであれば、施設使用料が設定されることも納得できるけども、その可能性は正直あまり期待していない。

今回の空港使用料の設定で最も影響が大きいのは、既に成田空港の国内線のシェアでは既に大手航空会社を上回っているLCCの搭乗者で、LCCの搭乗者は航空運賃以外に、決済手数料や空港使用料などで、最低でもざっくり片道800円、往復で1,600円の料金負担が必要となり、国内線であれば片道5,000円以下であることが珍しく無いLCCの航空券代を考えると、負担の割合が小さく無い。

■成田空港におけるLCCのシェア(国内線&国際線)
成田空港におけるLCCのシェア(国内線&国際線)

Help PointさんのBlogエントリ(以下)に記載があるように、既存LCCのターミナル移転によって、航空会社としてはコスト削減などのメリットがあるとしても、その分が航空運賃に還元されて運賃が安くなる。という可能性も(期待したいけれど)薄そうで、単純に搭乗者の負担が増えるだけになるのでは。というのが心配なところ。

成田空港LCCターミナルが2015年4月8日にオープン!国内線の空港使用料は往復760円! | Help Point

第3ターミナルを使用することで航空会社側も様々なコストが下がるというメリットがありますが、果たして運賃の値下げはあるのか。
来年の4月8日以降、運賃が100円でも下がれば感動モノですが、実際は何も変わらず、往復で760円が増えるだけではないかな・・・と予想。

その他、NAAの発表内容(PDF)については以下より。
2015.4.8 「第 3 旅客ターミナルビル」が誕生 – 成田国際空港会社(PDF)