ANA、2月1日以降の燃油サーチャージを値下げ/日本 〜 北米・欧州線では往復で14,000円値下がり

スポンサーリンク

ANAは、2015年2月1日以降に発券される国際線航空券に設定する燃油サーチャージを発表。日本 〜 ヨーロッパ・北米の長距離路線では片道21,000円 ⇒ 14,000円と7,000円の値下げとなるほか、近距離路線である日本 〜 韓国線は1,000円/片道に値下げされる。

ANAの燃油サーチャージ改定については以下より。
航空保険特別料金/燃油特別付加運賃について|ANA国際線

直近のANAの燃油サーチャージ価格は以下。

ANA:燃油サーチャージ価格

区間 2015年2月1日
〜2015年3月31日
2014年10月1日
〜 2015年1月31日
2014年9月末まで
日本 〜 欧州・北米など 14,000円 21,000円 25,000円
日本 〜 ハワイ・インド・インドネシア 8,500円 13,500円 16,000円
日本 〜 タイ・シンガポール・ミャンマー 6,500円 10,500円 13,000円
日本 〜 ベトナム・サイパン・グアム・フィリピン 4,000円 6,500円 8,000円
日本 〜 香港・台湾・マカオ 3,500円 5,500円 7,000円
日本 〜 中国 3,500円 5,500円 7,000円
日本 〜 韓国 1,000円 2,000円 2,500円

※価格は1区間(片道)あたり

燃油サーチャージ価格の値下がりは原油価格の下落を受けたも。原油価格は下落を続けており、動向次第では2015年4月1日以降は2009年7月 〜 9月以来となる『燃油サーチャージなし』となる可能性がある。

アングル:燃油サーチャージが4月以降にゼロの可能性、原油下落で | Reuters

15年2月中旬の発表では、今年12月―来年1月の平均価格を用いるため、今後の動向次第では、4―5月発券分からゼロになる可能性がある。