ANA、国際線の燃油サーチャージ無料を9月末発券分まで延長 – 2016年上半期は国際線燃油サーチャージが無料に

ANAグループは、国際線の燃油サーチャージ無料を2016年9月末発券分まで延長することを発表。国際線の燃油サーチャージ撤廃は原油価格の値下がりをうけて2016年4月1日より実施されており、今回は8月1日から9月末発券分が無料となることが新たに発表された。これによって、2016年上半期(4月-9月)発券分の航空券は燃油サーチャージが無料となる。

ANAのプレスリリースは以下にて。

国際線旅客「燃油特別付加運賃」、引き続き適用なし|プレスリリース|ANAグループ企業情報

今般、2016年4月から2016年5月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり52.28米ドル、為替レートは1ドル=109.52円でした。よって、シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は5,726円となったため、2016年6月から7月の発券分に続き、8月から9月に発券される航空券にも燃油特別付加運賃を適用しません。

■燃油サーチャージ無料
2016年4月1日 – 2016年9月末発券分までが対象
※新たに8月 – 9月発券分が無料となることが発表された。

■ANA:燃油サーチャージを9月末発券分まで無料
ANA:燃油サーチャージ無料を9月末発券分まで延長

なお、JALについても同様に2016年9月末分までの燃油サーチャージが無料となることを発表している。(旅行開始国が日本の場合)

■JAL:2016年9月末まで燃油サーチャージを撤廃
JAL:2016年9月末まで燃油サーチャージを撤廃
※掲載元:JAL – 国際線「燃油特別付加運賃」「航空保険特別料金」のご案内

燃油サーチャージの撤廃は、航空券の支払総額(航空券代 + 燃油サーチャージなど)の値下がりと必ずしもイコールではない(航空券代が値上げされることも多いので)けれど、マイレージと交換可能な特典航空券に関しては、燃油サーチャージが撤廃されることが支払総額の値下がりに直結するため、特典航空券での旅行を計画している方には特に嬉しい。
※日系(ANA/JAL)の航空会社の特典航空券は燃油サーチャージが有料、米系など一部の航空会社は特典航空券の燃油サーチャージが無料となっている航空会社もある。

ANAの特典航空券(スターアライアンス)を活用すると、ビジネスクラス4区間を「片道ビジネス」の必要マイル数にて発券することが可能。具体的な旅程や方法に関しては以下エントリにて。
関連エントリ:スターアライアンス特典航空券:ビジネスクラス4区間を「片道分」ANAマイルと交換する方法 | shimajiro@mobiler