チャイナエアライン:成田夜発の台北往復航空券が12,000円、総額23,000円 – 4月以降なら総額20,000円以下に

台湾の航空会社『チャイナエアライン』が、成田空港を21:20に出発するCI0109便を対象に、成田 〜 台北(桃園)の往復が12,000円(燃油サーチャージなど別)になるチケットを正規割引航空券として販売中。3月20日(金)時点での支払総額は約23,000円となり、LCC並の価格でチャイナエアラインの航空券を購入することが可能。

チャイナエアラインのWebサイトは以下にて。
チャイナ エアライン公式サイト 台湾(台北、高雄、台中)、ホノルルへの航空券がお得!

■販売期間
2015年3月4日 〜 2016年2月25日

■搭乗期間
2015年3月29日 〜 2016年3月31日

■航空運賃
成田 〜 台北(桃園):往復12,000円
※燃油サーチャージなどを含まない

■対象便
CI0109便 成田 21:20 → 台北(桃園) 00:05(+1)
CI0108便 台北(桃園) 04:05 → 成田 08:25

■購入期限
出発日の35日前まで

■滞在期間
最小2日 〜 最大5日

■マイル積算
0%

運賃詳細の確認(画像)についてはコチラより。

■支払総額は23,370円
中華航空公司 China Airlines

■選択可能な便はCI0909便とCI0108便
中華航空公司 China Airlines

選択可能なフライトはCI0109/CI0108便の組み合わせに限定されており、この組み合わせでは成田を夜発 → 台北に深夜着、台北を早朝発 → 成田に午前着となり、週末だけの旅行などにも相性が良い。
※最大滞在期間が5日間となっている点も含めて。

例えば、往路を金曜日の夜発、復路を日曜日の早朝にした場合(上記画像のケース)では現地滞在時間が約26時間、復路を月曜日の早朝にする場合は約50時間滞在が可能になる。

3月の時点で支払総額が約23,000円となっており、成田 〜 台北の往復航空券としてはLCC並の価格と言えるけれど、チャイナエアラインでは4月1日以降に発券(購入)される航空券の燃油サーチャージを値下げすることを発表しており、燃油サーチャージの値下げ分を考慮すると、こちらの航空券の合計金額が20,000円以下になる計算。

■4月以降の支払総額
航空券代:12,000円(往復)
サーチャージ:4,000円 ※4月1日以降
諸税:3,770円
———————–
合計金額:19,770円

成田 〜 台北間には複数のLCCが就航しており、なかでもセールでの価格が割安なのはScoot。Scootが先日行ったセール(30% OFF)では、成田 〜 台北の支払総額が約14,000円。ScootはLCCなので受託手荷物や機内食については有料で提供されることを踏まえると、これらのサービスが必要な場合はチャイナエアラインを利用した方が割安になることもある。
関連エントリ:Scoot、成田 〜 台北が片道5,250円、シンガポールが片道9,590円のセール開催!台北往復総額は14,000円 | shimajiro@mobiler

チャイナエアラインの上記航空券は、期間限定での販売ではなく2016年2月25日まで販売される予定なので「成田発の夜便を利用して台北に行く」ことを考えている方は覚えておくと良さそう。

なお、チャイナエアラインの航空券は「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」にて購入すると、カードのポイント(航空会社14社のマイルと交換可能)が通常の3倍貯まるので、航空会社のWebサイトから航空券を購入する機会の多い方にはオススメ。

AMEXのスカイ・トラベラー・カードのサービス紹介は以下より。
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード