JR東日本、東京駅開業100周年記念Suicaを希望者全員に販売へ – 販売価格は2,000円

JR東日本は、12月20日に先着15,000名限定で販売予定となっていた『東京駅開業100周年記念Suica』を、希望者全員に販売を行うことを発表。販売数は一人あたり最大で3枚まで、販売価格は2,000円(500円のデポジットを含む)で、申込受付期間は2015年1月下旬 〜 2週間程度の予定。

JR東日本のお知らせは以下より。

東京駅開業100周年記念Suicaの今後の発売について

東京駅開業100周年記念Suicaにつきましては、今後増刷しご希望の皆さまに発売いたします。発売時期や方法など一部決定いたしましたのでお知らせいたします。

■発売方法
インターネットおよび郵送にて申込受付
※駅窓口での受付や発売は行わない。

■申込受付期間
2015年1月下旬 〜 2週間程度

■販売価格&枚数
1枚あたり2,000円(一人当たり3枚まで)
※デポジット500円を含む

申込受付期間および申込受付方法については2015年1月20日頃に改めて案内される予定となっている。

東京駅開業100周年記念Suicaの発売を巡っては、発売当日に購入希望者が殺到、15,000枚を予定していた販売は8,000枚程度を販売した時点で販売中止となり、一部の購入希望者が駅員に詰め寄るなどの騒動があった。

当初は15,000枚限定の予定だった販売枚数の上限が無くなり『希望者全員』となったことで希少価値は薄れてしまったけれど、希少価値を気にしない購入希望者にとっては購入ハードルが低くなり朗報と言える。