セブ・パシフィック航空、全線の運賃がほぼ無料になるセール開催!成田 〜 セブ島の往復総額は約14,000円

スポンサーリンク

フィリピンを拠点にするLCC、セブ・パシフィック航空は国際線&国内線の全線が対象となる片道0.15ペソセール(日本円で約0.4円)を開催。航空運賃はほぼ無料となるものの、燃油サーチャージ&諸税は別となっているので、セブ・パシフィック航空が開催する『片道1ペソセール』と支払総額自体はほぼ同じ。搭乗期間は2015年6月1日 〜 9月30日まで。

セブ・パシフィック航空のセール詳細(英語)は以下より。

Cebu Pacific Air – Why everyone flies
セブ・パシフィック航空:全線が対象の片道0.15ペソセール開催!

■販売期間
〜 2015年1月1日
※座席が完売次第終了

■搭乗期間
2015年6月1日 〜 9月30日

■主な対象路線
・成田 〜 セブ島:片道150円
・成田 〜 マニラ:片道150円
・中部 〜 マニラ:片道150円
・関空 〜 マニラ:片道150円
※燃油サーチャージ&諸税別

今回のセールは全線が対象となっており、2015年3月より新規就航予定の成田 〜 セブ島の直行便も片道150円にて販売されている。なお、成田 〜 セブ島を直行便で結ぶLCCはセブ・パシフィック航空のみ。

■成田 ⇒ セブ島も片道150円の対象
成田 〜 セブ島が片道150円

成田 〜 セブ島を往復した場合、燃油サーチャージなどを含めた支払総額は約14,000円となる。

■成田 〜 セブ島の往復総額は約14,000円
成田 〜 セブ島の往復総額は約14,000円

セブ・パシフィック航空のセールは運賃がほぼ無料のセールとなっているので、激安であること自体には間違いは無いものの、直近の傾向としては、燃油サーチャージの代金が値下がりしており、2015年4月以降には燃油サーチャージがゼロとなる可能性があるので、セブ・パシフィック航空が就航している路線については今すぐ購入すると、燃油サーチャージが割高な分だけ支払総額が大きくなる可能性もありそう。
関連エントリ:ANA、2月1日以降の燃油サーチャージを値下げ/日本 〜 北米・欧州線では往復で14,000円値下がり | shimajiro@mobiler