バニラエア、機内持込荷物の確認を強化を発表 – 2月1日より係員による確認を実施へ

バニラエアは、機内持込荷物に関する確認を2月1日より強化することを発表。『機内における安全面の強化および定時制向上』が目的としている。

バニラエアの告知は以下より。

係員による機内持ち込み手荷物の確認を強化いたします | バニラエア – 国内・海外路線のLCC 格安航空券予約

バニラエアは、機内における安全面の強化および定時性向上の観点から、2015年2月1日より、各空港にて係員による機内持ち込み手荷物の確認を強化いたします。

『機内における安全面の強化および定時制向上』が目的とはされているものの、これ以外にも有料化している受託手荷物の付帯収入の増加が目的の一つであることは疑う余地は無い。

バニラエアの機内持込荷物は、3辺の和が115cm(56cm X36cmX23cm)以内で合計10kgまで。持込荷物の重量は、国内線のLCCではPeachと同様になっているけれど、ジェットスターでは2月1日より機内持込可能な荷物の容量を10kg ⇒ 7kgへと変更することを発表しており、バニラエアとPeachよりも重量制限が厳しくなっている。
関連エントリ:ジェットスター・ジャパン、2015年2月より機内持込荷物の重量制限を7kgへと厳格化 | shimajiro@mobiler

バニラエアの発表した『機内持込荷物の確認強化』の具体的な方法は不明だけれど、規定については従来通りなので、従来通りのルールが守れていれば問題は無く、個人的には予め公表しているルールに則った対応については個人的には歓迎。

ちなみに、Peachでは荷物検査場の前に体重計を設置して、機内持込荷物が規定の重量を超えている可能性のある乗客に対してスタッフが重量の確認を行っており、国内線のLCC各社の中では最も『厳しい』とも言えるし、『フェア』であるとも言えるかなと思う。

機内に持込する荷物の重さを測るツールとしては、携行できるタイプのラゲッジチェッカーがあると便利なので最後にご紹介まで。価格も1,500円程度と安く、LCCで『搭乗日にカウンターで荷物預け』を防ぐにはコストパフォーマンスの高いツール。

MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372 MAQUINO 【手荷物の重さを量る】 ラゲッジチェッカープラス オレンジ 071372

MAQUINO (マッキーノ)
売り上げランキング : 1499

Amazonで詳しく見る by G-Tools