LCC搭乗でシンガポール航空のマイル積算可能に!Scootに「PlusPerks」オプションが登場

スポンサーリンク

シンガポール航空傘下のLCC「Scoot」(スクート)は、新オプション「PlusPerks」を提供開始。同オプションを申込することでScootの搭乗でシンガポール航空の「クリスフライヤー」のマイル積算が可能となる。

PlusPerksのオプション料金は成田 〜 台北などのフライト(4時間以下)で片道3,300円、成田 〜 シンガポールなどの4時間を超えるフライトでは片道5,000円となる。

「PlusPerks」オプションの詳細についてはScootのWebサイト(英語)にて

PlusPerks – the bundle that gives you more | FlyScoot.com!
Scootの搭乗でシンガポールエアラインのマイル積算可能に

■「PlusPerks」オプション特典
(1)シンガポール航空「クリスフライヤー」マイルが積算可能に
(2)座席指定料が無料に。足下の広い「Super Seats」も追加料金不要
(3)フライトの変更手数料が無料。(変更は1度のみ。運賃差額が発生する場合は支払必要)
(4)優先搭乗が可能に

■PlusPerks料金
・4時間以下のフライト:39シンガポールドル(3,300円)
・4時間以上のフライト:59シンガポールドル(5,000円)

獲得可能なマイル数は距離と運賃クラスによって異なる。

■PlusPerksで獲得可能なマイル数
獲得可能なマイル数

Scootの航空券は購入時に運賃クラスが表示されることは無いので、単純化すると「高い運賃を支払った方がマイルが貯まりやすい」ということになる。

■同じ路線でも運賃(運賃クラス)によって往路と復路で積算されるマイル数が異なる
積算可能なマイル数

マイレージ積算の注意事項として、搭乗後に機内でScoot Bizにアップグレードした場合については、Scoot Bizのマイレージクラスではなく最初の航空券の購入時の予約クラスに基づいたマイレージが積算される。

個人的に、Scootが他社LCCよりも使い勝手が良いのは座席間隔が広めなのと、B787型機ではエコノミークラスでも(有料オプションとして)機内Wi-Fiや電源を利用可能な点、セールによって東京〜台北が激安になることが多い。という点なので、Plus Perksにはそれほど魅力を感じない。

新オプション「Plus Perks」は普段からシンガポール航空の「クリスフライヤー」でマイルを溜めている方が、シンガポール航空の代わりにScootを使う。というケースでは利用価値があるかも。

ScootのWebサイトは以下より。
Low Cost, Long Haul Airline with Unique Attitude | FlyScoot.com!