クアラルンプール国際空港(KLIA)で購入可能な4G LTE対応SIMの価格一覧

スポンサーリンク

マレーシアの玄関口、クアラルンプール国際空港(KLIA)でプリペイドSIMカードを購入したので価格などのメモ。

マレーシアのクアラルンプール国際空港にはKLIAとKLIA2があり、ざっくり言えばレガシーキャリアが利用するのがKLIAで、エアアジアなどのLCCが利用するのがKLIA2。両ターミナルの移動はKLIAエクスプレスなどの交通機関を利用する必要があるので注意。(とは言え、到着フロアでSIMカードが買えるという意味ではどちらも同じ。)

なお、エアアジアなどが発着するKLIA2のプリペイドSIMカード販売については以下エントリにて。
クアラルンプール KLIA2でのプリペイドSIMカード販売場所 | shimajiro@mobiler

KLIAでは到着ロビーから入国審査へと移動するまでの間に各キャリアのプリペイドSIMを取扱いするカウンターがあり、入国前に各社のプリペイドSIMカードを購入できる。

■KLIA:入国前に各社のプリペイドSIMカードが購入可能
KLIA:入国審査前に各社のプリペイドSIMカウンターが並ぶ

入国審査前にカウンターを構えているのは、Tune TALK、Celcom、DiGi、maxisの4社。この4社のプリペイドSIMカードが購入可能。

maxis、Celcom、DiGiの3社のプリペイドSIMカードを購入してみたので価格と使用感をカンタンに。

  1. Maxis:TwitterやFacebookなどのSNSが無料
  2. 以前(2014年2月頃)は4G LTE対応SIMへの交換が必要だったMaxis。現在は空港で販売されているプリペイドSIMでも問題なく4G LTEを利用可能なので、SIMカードの交換云々を意識する必要は無い。

    なお、MaxisのプリペイドSIMカードでは、Twitter/Facebookなどの主要SNSは無料となっているので、これらのサービスを利用するのが目的であればうってつけ。

    空港で購入可能だったプリペイドSIMの料金プランは以下。全てのプランで4G LTEが利用可能。

    [RM 32]900MB(全日450MB + 夜間450MB) + 通話15分 – 有効期間1週間
    [RM 53]3GB(全日1.5GB + 夜間1.5GB) + 通話20分 – 有効期間30日間
    [RM 106]9GB(全日4.5GB + 夜間4.5GB) + 通話30分 – 有効期間30日間
    ※SIMカード代金込みの価格、「夜間」は24:00 – 07:00の間。

    上記のプランの通り、日中利用可能なデータ通信量のほかに、夜間は多めの通信量を利用可能。CelcomとMaxisの夜間が「深夜1時から」になっているのに対して、Maxisは24時からなので1時間ほどアドバンテージがある。

    ■「HOTLINK」ブランドでサービスを展開するMaxis
    HOTLINKブランドでサービスを展開するmaxis

    ■Maxis:購入したプリペイドSIM
    Maxis:購入したプリペイドSIM

    [APN設定]
    APN:unet
    ユーザ名:なし
    パスワード:なし

    空港でプリペイドSIMカードを購入した後、MaxisのWebサイトでプリペイドSIMカード向けのインターネットプランを確認してみたところ、空港での販売価格より割安になっていたので、もしかしたら空港以外でプリペイドSIMカードを購入 → インターネットプランに登録の方をしたほうがトータルの料金は割安かも。(とは言え、価格差は数百円程度だけど)

    MaxisのプリペイドSIMカード向けのインターネット接続プランは以下にて。

    Mobile Internet Passes | Hotlink
    Maxisのインターネット接続プラン

  3. Celcom:深夜・早朝のインターネット接続は通信量無制限
  4. Celcomのカウンターでは「Magic SIM」が販売されていた。

    ■Celcom:購入したプリペイドSIM「Magic SIM」
    Celcomの「Magic SIM」を購入

    CelcomのMagic SIMの特長は夜間(25:00 – 07:00)のインターネット接続が使い放題という点。前述の通りMaxisでも夜間の通信量は多くなっているけれど、使い放題である点はCelcomの方が安心できる。

    空港で販売されていたCelcomのプリペイドSIMの料金プランは以下。

    [RM 39]全日1.5GB + 夜間無制限 + 通話RM 8
    [RM 59]全日2.5GB + 夜間無制限 + 通話RM 15
    [RM 79]全日4.5GB + 夜間無制限 + 通話RM 15
    ※”夜間”は25:00 – 07:00の間、有効期間は全て1カ月

    CelcomのプリペイドSIMカード向けのインターネット接続プランは以下にて。

    FREE Internet Burung Hantu with Magic SIM™
    Celcomのインターネットプラン

  5. DiGi:パスポート提示無しで購入可能、4G LTEの品質はイマイチ
  6. Maxis、Celcomと比べて、DiGiはパスポート提示を求められる事なく「サクっとSIMが買える」のがウレシイ。ただし、クアラルンプール市内での4G LTE利用可能エリアはMaxis、Celcomの2社と比べて狭く、通信速度的にはイマイチだった印象。

    加えて、データ通信量は「夜間のみ利用可能」なデータ通信量を加えた表記。夜間に利用可能なデータ通信量が多いのは他社と同様だけれども、SIMカードを販売するカウンターにその旨の記載が無かったのは不親切に思う。(購入時も特に説明は無かった)

    ■DiGiのカウンター
    DiGiのカウンター

    ■DiGi:プリペイドSIMの価格表
    DiGi SIMカード価格表

    ■空港で購入可能なDiGiのプリペイドSIM
    [RM 20]1.6GB(全日800MB + 夜間800MB) – 1週間
    [RM 22]1.5GB(全日750MB + 夜間750MB) – 1カ月
    [RM 32]3GB(全日1.5GB + 夜間1.5GB) – 1カ月
    [RM 53]6GB(全日3GB + 夜間3GB) – 1カ月
    [RM 75]10GB(全日5GB + 夜間5GB) – 1カ月
    [RM 96]14GB(全日7GB + 夜間7GB) – 1カ月
    ※夜間は25:00 – 07:00。

    DiGiのプリペイドSIMでのAPN設定は以下。

    [APN設定]
    APN:diginet
    ユーザ名:なし
    パスワード:なし

    DiGiのプリペイドSIMカード向けのインターネット接続プランは以下にて。

    Prepaid Bundle | Digi – Let’s Inspire
    DiGiのプリペイド向けインターネットプラン

SIMカードを購入した3キャリアに共通していたのは、支払方法が現金のみという点と、SIMカードを販売しているカウンターでは4G LTEへの接続が確認できなかったこと。(3社とも空港の出口付近まで移動すると4G LTEを掴んだので、これは単純にSIM売り場の電波がイマイチ。という話)