テレコムスクエア、台湾向け4G LTE対応Wi-Fiルータレンタルを開始、レンタル料金は1日700円

モバイルWi-Fiルータのレンタルサービスなどを提供するテレコムスクエアは、2016年2月2日より台湾向けのモバイルWi-Fiルータレンタルにて4G LTE対応サービスを開始したことを発表。レンタル料金は700円/日。

テレコムスクエアのWebサイトでの紹介は以下。

海外用4G商品のご紹介|海外用4Gのスマートフォン、通信ならテレコムスクエア

レンタルされるモバイルWi-Fiルータの機種は明らかにされていないものの、通信速度が下り最大150Mbps、上り最大50Mbps、同時接続台数が5台、最大通信時間は8時間という情報が掲載されており、おそらくZTEのMF910と考えられる。

■テレコムスクエア:台湾向けの4G LTE対応ルーターをレンタル開始
テレコムスクエア:台湾向けの4G LTE対応ルーターをレンタル開始

台湾向けのモバイルWi-Fiルータレンタル(4G LTE対応)については、2014年夏頃から他社サービスで提供が開始されており、プリペイドSIMカードで4G LTEが利用可能となる前にレンタルしたことがあったので、当時のエントリをご紹介まで。
関連エントリ:台湾向けの4G LTE対応モバイルWi-Fiルータをレンタルしてみた | shimajiro@mobiler

なお、台北の玄関口である桃園国際空港では、中華電信/台湾モバイル/遠傳電信/亞太電信/台湾之星の5社がプリペイドISMカードを販売しており、気軽に4G LTE対応サービスを利用することができる。
関連エントリ:台湾:桃園空港で買える4G LTE対応プリペイドSIMのプランまとめ – 2015年9月分 | shimajiro@mobiler