ジェットスター:熊本地震の災害支援者に無料航空券を提供 – 熊本・大分発着便が対象

ジェットスター・ジャパンは、九州地方で発生している平成28年熊本地震の災害支援者向けに、熊本・大分発着便で無料航空券を提供することを発表。5月1日(日) – 5月31日(火)が対象。申請を行うためには、現地での受け入れ機関からの招聘状などが必要となるため、被災した家族・親族を支援するために一般人が移動するケースについては対象外となる。

ジェットスターのお知らせは以下にて。
災害支援者への搭乗協力について | Jetstar

■対象期間
2016年5月1日(日) – 5月31日(火)

■対象者
・ 日本政府もしくは地方自治体からの要請により、救援支援される方
※依頼主が日本政府・地方自治体であること

・災害ボランティア活動支援プロジェクト会議」 または「特定非営利法人ジャパンプラットフォーム」 に参加している民間援助団体で「現地ボランティアセンターの運営支援」や「ボランティアコーディネーション業務」を行う方

■対象便
ジェットスターの運航する、熊本・大分を目的地または出発地とするフライト。

■申込フロー
(1)申請書を印刷する
(2)必要事項を記入する
(3)受入団体からの依頼状、招聘状など活動が確認できる書類を用意する
(4)熊本地震支援ボランティアサポートデスク gkvolunteers@jetstar.com にメール送信

■注意事項
・出発の5営業日前までの申込が必要
・無料で預かり可能な荷物(受託手荷物)は20kgまで、それ以上は搭乗者負担
・機内持込手荷物は7kgまで
・座席の希望はリクエスト不可
・空席がない場合は搭乗不可

申請のための条件はやや厳しめとなっているものの、本来の目的(支援者の援助)を果たしつつ、支援者の負担を減らすためには合理的な基準であるように思う。そんなわけで、被災地・被災者への支援者の負担が少しでも小さくなるように、関連団体や支援者に周知されると良いなと。