ジェットスター・ジャパン、国内線の支払手数料を430円→500円に値上げ

ジェットスター・ジャパンは、クレジットカードにて日本国内線航空券を購入する際の支払手数料を430円→500円/区間へと値上げすることを発表。対象は2016年12月15日より。値上げの理由は明らかにされていない。なお、コンビニ払いや国際線の航空券の支払手数料には変更が無い。

■ジェットスター・ジャパン:クレジットカード支払時の手数料を値上げ
ジェットスター:カード支払手数料を430円→500円に値上げ
掲載元:お知らせ | Jetstar

LCC各社の支払手数料は、就航以来各社一貫して値上がりを続けており、ジェットスター・ジャパンも過去には200円だった手数料を2.5倍に引き上げする形。

支払手数料などは、原則として(LCCの航空券を購入する)旅行者の負担が必ず必要となる一方で、セール開催時の価格などには表記されないため、LCC利用時の隠れたコストと言える。

個人的には、各種手数料が一貫して値上がりしている点や、バニラエアが空港使用料の返金手数料として片道4,000円の手数料を設けて実質的に返金に応じない方針に変更するなど、直近のLCCの各種手数料設定・値上げには疑問を感じるところ。
関連エントリ:バニラエア:空港使用料などの払戻を無料→4,000円に値上げ、全路線で空港使用料の返金を不可能に | shimajiro@mobiler