ワイモバイル、ルーター向け速度制限を「3日10GBで夜だけ制限」に変更

ワイモバイルは、直近3日間の通信量に基づく速度制限を「3日3GBで終日制限」から「3日10GBで夜だけ制限」に変更。変更は2017年4月5日より適用されている。

ワイモバイルの通信速度制限については以下にて。
通信の制限について|サービス|Y!mobile(ワイモバイル)

■通信の制限について(ワイモバイル)
ワイモバイル:モバイルWi-Fiルータの速度制限をUQ WiMAX 2+とほぼ同等に

2017年2月より同様の変更を行ったUQコミュニケーションズのWiMAX 2+サービスと同様に、直近3日間の通信量に関わらず、夜時間帯(18時〜25時)以外の通信に関しては通信速度制限が適用されなくなるため、この時間帯以外のデータ通信手段としてワイモバイルのモバイルWi-Fiルータを使っている方には朗報。

反対に、ワイモバイルのモバイルWi-Fiルータを固定回線代わりに使っている場合、夜時間帯の速度制限が強化される(最大1Mbps程度)ことにより、速度制限による影響が大きくなるのでご注意を。
→速度制限を回避する方法として、データ通信量を減らすまたは固定回線を契約して固定回線経由でデータ通信を行うなどの方法がある。

直近3日間の通信量に基づく速度制限の変更は、使い方次第で制限緩和にも制限強化にもなるので、これからワイモバイルのモバイルWi-Fiルータを契約する方は制限内容をよく理解した上で契約することをオススメ。

ちなみに、個人的にはモバイルデータ通信で「3日10GB」を超えるようなデータ通信を行う機会はほとんど無く、WiMAX 2+が「3日10GB」に変更となってからはそもそも速度制限の対象になっているケースがほとんど無い。

ワイモバイルオンラインストアは以下にて。