ソフトバンク&ワイモバイルが「上り無制限」を終了、8月31日から上りも速度制限対象に

ソフトバンクは、月間のデータ通信量に基づく通信速度制限を、従来速度制限対象としていた下り方向(ダウンロード)だけでなく、上り方向(アップロード)についても、本来の規定通りに速度制限対象とすることを発表。

ソフトバンクおよびワイモバイルの提供するサービスが対象となる。速度制限は2017年8月31日より実施される。制限時の通信速度は、下り方向と同様に最大128kbpsとなる。対象となるサービスの詳細についてはWebサイトに公開されている。

ソフトバンクのお知らせは以下にて。

アップロード時の通信制御緩和を終了 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

しかし、ここ数年のSNSへのファイルアップロードや動画配信などによるデータ量増加に伴い、2017年8月31日より、アップロード時も最大128kbpsまで低速化いたします。

ワイモバイルのお知らせは以下にて。

アップロード時の通信制御緩和の終了について | ワイモバイル(Y!mobile)

しかしながら、昨今のSNSへのファイルアップロードや動画配信などによるデータ量増加に鑑み、2017年8月31日より、本来の規定通り、アップロード時も最大128kbpsまで低速化を行うこととさせていただきます。

ソフトバンクおよびワイモバイルのサービスは、月間データ通信量を使い切って低速化対象となった場合でも、上り方向に関しては何故か低速化されない仕様となっていたものの、「SNSへのファイルアップロードや動画配信などによるデータ量増加」を理由として、上り通信速度に関しても規定通りに制限対象となる。