バニラエア:機内持込荷物のルール変更後のチェックはホントに厳しい?を実際にチェックしてみた

バニラエアは、2017年10月29日以降にバニラエアを利用する乗客が機内に持込できる手荷物のルールを変更した。

新ルールでは、機内持込できる荷物の重量が10kg→7kgへと小さくなり、また持込できる荷物のサイズが三辺の和が115cm以内かつ・55cm×40cm×25cmへと変更されている。

個人的には、機内持込できる荷物の重量が小さくなることよりも、「サイズ&重量を計測するために待ち行列が発生するのでは?」という点が心配だった。

実際に、新ルールが適用される10月29日以降に、成田空港のバニラエアチェックインカウンターの様子をチェックしてみると、セルフチェックイン機およびチェックインカウンターへと進む手前に、機内持込する手荷物のサイズ&重量を測る機械が設置されていた。

■チェックインカウンター前でサイズ&重量をチェック
チェックインカウンター前でサイズ&重量をチェック

ただし、実際には乗客の手荷物を完全にチェックするというほど厳しいチェックではなく、チェックインカウンターの手前に待機するスタッフが目視でサイズ&重量のチェックが必要と判断した荷物のみが計測対象となっていた。

このため、(個人的に懸念していた)チェックインカウンターの前が大行列。という事態は発生していなかった。この運用は、恐らく全ての空港でおおむね共通と思われる。

■成田空港:搭乗口付近の様子
成田空港:搭乗口付近の様子

■新千歳空港:チェックインカウンターの様子
新千歳空港:チェックインカウンターの様子

スタッフが目視で「問題なし」と判断した荷物については、機内持込が問題ないことを示す青いタグが取り付けされる。小型のバッグに関してはサイズ&重量を測ることなくタグが取り付けされた。

■機内持込したナップザッグ
機内持込したナップザッグ

日本国内に就航しているLCCの多くは、機内持込可能な荷物を7kgまでに制限しており、今回のバニラエアのルール変更は他社と比べて特別に厳しいものではない。なお、日本国内線に就航するLCCでは、Peachが機内持込可能な荷物を10kgまでとしており、他社と比べて持ち込みできる荷物の重さに余裕がある。

機内持込可能な荷物の制限が最も厳しいのは春秋航空日本で、同社では機内持込可能な荷物は5kgまでと、他社LCCよりも厳しいルールが設定されている。

LCCの機内持ち込み可能な荷物や、預け入れする荷物の重さを測る際は、ラゲッジチェッカーがあると便利なのでご紹介まで。
→LCCで移動する際に使うバッグなどなどに準備しておくと便利。