LCCのセールを組み合わせて台湾の往復航空券を往復約11,000円で購入

スポンサーリンク

近いうちに台湾に行きたいなー。(行ったばかりではあるけれど)と思っていたところに、タイミング良く直近の日程を対象にしたセールが開催されたので、台湾の往復航空券を往復約11,000円で予約してみた。

航空券は往路がPeachの関空 ⇒ 高雄便、
復路がバニラエアの台北 ⇒ 成田便の組み合わせで、購入した航空券の金額などなどは以下。

[往路]
区間:大阪 ⇒ 高雄
航空会社:Peach
支払総額:3,870円 (運賃は2,000円/片道)

[復路]
区間:台北 ⇒ 成田
航空会社:バニラエア
支払総額:1,970台湾ドル (運賃は1,610台湾ドル)

往路分として予約したPeachのセールは、国内線&国際線の全路線が対象の2,000円均一セール。

Peachの国際線は燃油サーチャージ込みの価格となっているので、2,000円片道の運賃で予約可能な場合は非常に安い価格で航空券を購入可能。成田空港を利用した場合と比べて、空港使用料もそれほど高く無いのが嬉しいところ。
関連エントリ:Peach:国内線&国際線が全線2,000円になるセールを開催! | shimajiro@mobiler

復路で予約したバニラエアのセールは、台北発の成田行きの片道航空券でもセール対象となっており、この区間をセール価格にて航空券を購入することができた。
※Peachは台湾発の片道航空券は今回のセール対象外だったので、この点はバニラエアの方がありがたいところ。
関連エントリ:バニラエア 成田 〜 ソウル(仁川)が1,480円/片道になるセール!国内線も対象 | shimajiro@mobiler

日本 〜 台湾の間には、Peach、バニラエア、Scootの3社のLCCが就航しており、セールによっては非常に安くアクセスすることが可能。今回はセールを行っていないけれど、Scootの成田 〜 台北は運賃が7,500円/片道で販売されており、空港使用料などを含めた往復の支払総額は約19,000円と、大手航空会社の航空券と比べてかなり割安な価格で購入することができる。

Scootの航空券価格については以下エントリにて。
Scootの成田 〜 台北航空券が運賃7,500円で販売中 – 往復総額は約19,000円 | shimajiro@mobiler

バニラエアは、冬期スケジュール(10月26日)より、成田 〜 台北便の『シンプルバニラ』の価格を従来の10,000円 ⇒ 7,000円へと値下げすることを発表しており、セール運賃である『わくわくバニラ』ではより価格を抑えたセールを行うことが期待できる。
※とは言え、成田 〜 台北便は搭乗率が高い路線なので、セールそのものがそれほど多くは無いかも。。。