クアラルンプール国際空港 LCCターミナルでmaxisのSIMカードを購入!Twitter/FacebookなどのSNSは通信料無料!

スポンサーリンク

クアラルンプール国際空港のLCCターミナルでmaxisのSIMカードを購入したので購入レポート。

maxisのSIMカードの購入内容については前回(2012年9月)と同様に、RM 10(約310円)のSIMカード + RM 20(約620円)のインターネット用チケット『HOT TIKET INTERNET』を組み合わせて、合計RM 30(約930円)で購入。

ちなみに前回のSIMカード購入は以下エントリにて。
クアラルンプール国際空港 LCCターミナルでMaxisのSIMカードを購入! | shimajiro@mobiler

■クアラルンプール国際空港 LCCTにあるmaxisのカウンター
0711_maxis_01.jpg

カウンターは入国審査を抜けてエスカレーターを下ったすぐのところにあるので、まず迷うことは無いハズ。

ここには各社のカウンターが設置されてお、maxis以外にもTuneTalk、DiGiなどのカウンターがある。

maxisのカウンターて『SIMカードが欲しい』と伝えると『インターネットを使うか?』と聞かれたので『インターネットを使う』と答えると、SIMカード + HOT INTERNET TICKETの組み合わせを説明される。(このアタリの説明されたことで、既に以前購入済みであることを思い出した)

■購入したmaxisのSIMカード
0711_maxis_02.jpg

SIMカードの購入にはパスポートの提示が必要だった。

パッケージ右上に『SOCIAL EDITION』と記載されており、左上には

・Facebook
・Twitter
・WhatsApp

の3つのサービスが無制限で無料!と書かれている。

試しにTwitterのAndroid公式アプリを使ってみると、Twitterのアプリから外部のURLにリンクする際に『無料の対象外になる』というダイアログが表示された。

■Twitterアプリ(Android)で外部URLを閲覧しようとすると無料にならない旨の警告が表示された
0711_maxis_03.jpg

SIMカードには恐らくnanoSIMサイズのものは販売されていないけれど、その場でカットしてnanoSIMにしてもらえるので、SIMフリーのiPhone 5でも問題無く利用が可能。

■SIMフリーのiPhone 5でmaxisのSIMカードを利用
0711_maxis_04.jpg

スタッフにiPhone 5を見せると『クアラルンプール市内では4Gで使える』と教えてくれた。この『4Gで使える』 = LTEで使えるなのかどうかは、クアラルンプール市内で改めて確認する予定。

『4Gで使える』というのは必ずしも『LTEで使える』とイコールではない。というのは海外ではまぁまぁある話で『4Gで使える』と説明されたSIMカードが『DC-HSPA対応でLTEは非対応』というようなことがまぁまぁあるけれど、maxisは既にLTEのサービスを開始しているので、この後訪問予定のクアラルンプールでプリペイドSIMでもLTEが利用可能か確認してみる予定。

■maxisのLTEエリア(紫がLTEエリア)
0711_maxis_05.jpg

maxisのエリア検索は以下より。
Wireless Broadband Network Coverage

SIMロック解除したGALAXY S4(SC-04E)はAPN設定が必要で、設定された内容は以下。

■APN設定
APN:bbnet
プロキシ:202.75.133.49
ポート:80

APN設定が前回内容と異なっている。
ということに後から気付いたので、改めて確認してみたところ、APNが空白になっていなければインターネット接続が可能な模様。

■APNを”shimajiro”設定してみた
0711_maxis_06.png

この状態でも通信ができていたので、maxisのプリペイドSIMについては『何らかのAPNが設定されていれば通信が可能』な仕様になっている模様。

ちなみに、GALAXY S3と同様に、GALAXY S4(SC-04E)でも『データローミング』をONにしないと通信ができなかった点には注意。
※SIMロックを解除したドコモ端末は、この挙動をすることが割と多い気がする。