バニラエア:福岡-台北を3月25日開設、記念セール片道780円・通常価格5,480円から

スポンサーリンク

バニラエアは、2018年3月25日より新規就航する福岡-台北(桃園)線の航空券を、2月15日(木)14時に発売する。通常価格は片道5,480円から(シンプルバニラ)となるほか、発売記念セールとして片道780円のセールを開催する。

バニラエアのセール詳細&予約は以下にて。

3月25日新規就航 福岡=台北線 販売開始! | バニラエア Vanilla Air
バニラエア:福岡-台北が片道5,480円から。2月15日(木)14時発売

バニラエア:福岡-台北線概要

■就航日
2018年3月25日より

■発売日
2018年2月15日(木)14:00より

■販売価格
コミコミバニラ:片道8,480円から
シンプルバニラ:片道5,480円から
わくわくバニラ:片道780円から(発売記念セール)
※燃油サーチャージ不要、空港使用料&支払手数料別途必要。

■搭乗期間
2018年3月25日 – 2018年10月27日
(わくわくバニラは3月25日 – 6月30日が対象)

■フライトスケジュール
フライトスケジュール

セール価格は片道780円

福岡-台北線の発売を記念したセールとして、同路線が片道780円になるセールが開催される。搭乗期間は3月25日〜6月30日まで。おそらく繁忙期はセール対象外。

■セール運賃は片道780円
セール運賃は片道780円

航空運賃以外に必要となる諸経費として、福岡空港の旅客取扱施設利用料(PSFC)が970円、支払手数料(クレジットカード)が600円/区間、台北桃園空港の施設使用料などが1,890円必要となる。(大人一人あたり)

往復共に780円の運賃で予約し、受託手荷物や座席指定の有料オプションを購入しない場合の支払金額は5,620円となる。

■福岡-台北セール運賃の詳細
航空運賃:片道780円×2
支払手数料:600円/区間×2
施設使用料(福岡):970円
施設使用料(台北):1,890円
————————————-
合計金額:5,620円

福岡-台北を結ぶ国内系LCCはバニラエアが初めて。
※台湾の航空会社「タイガーエア台湾」が既に就航している。

バニラエアのWebサイトは以下にて。
【公式】バニラエア (Vanilla Air) – 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約