春秋航空日本、機内持込可能な荷物の重さを5kg→7kgと他社並みに緩和。2018年10月28日から

スポンサーリンク

春秋航空日本(スプリングジャパン)は、機内持込可能な荷物の重さを、2018年10月28日以降の搭乗を対象に、合計5kg→7kgへと緩和。

春秋航空日本の機内持込手荷物に関する制限は以下にて。
日本国内の手荷物サイズの重量と制限 – 春秋航空日本公式サイト

春秋航空日本は、2015年10月から機内持込可能な荷物を7kg→5kgに制限するなど、他社LCCと比べても厳しい基準を設けていた。
※当時、LCC国内線の機内持込荷物は10kgまたは7kgに設定している会社が多かった。現在は大半のLCCが7kgに設定している。

■春秋航空日本:機内持込可能名荷物の重さを5kg→7kgに緩和
春秋航空日本:機内持込可能名荷物の重さを5kg→7kgに緩和

LCCで機内に持込する荷物を測る際には、小型のラゲッジチェッカーを用意しておくと、旅先でお土産などを購入した場合でも荷物の重量を測ることができるので安心。