PayPay祭り第二章、100億円分のボーナス還元が開始。有効期間は最終増減から二年間

スポンサーリンク

スマートフォン決済サービス「PayPay」が2018年12月4日〜12月13日に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」のボーナスが付与された。

■PayPayのボーナスポイントが付与
PayPayのボーナスポイントが付与

同キャンペーンによるPayPayの還元は「PayPayボーナス」として付与され、PayPay加盟店での買物に使うことができる。

PayPay残高の有効期限は最後の残高増減日から2年間のため、「早い者勝ち」だった100億円あげちゃうキャンペーンの開催中と異なり、キャンペーンで獲得したPayPayのボーナスポイントはそれほど急いで使う必要はない。

他方、PayPayのキャンペーン期間中に多くの買い物客で賑わいを見せたビックカメラでは、ビックカメラポイントが最大で20%還元されるキャンペーンを開催している。(キャンペーン期間は1月20日まで)

■ビックカメラ:ポイント最大20%還元
ビックカメラ:ポイント最大20%還元

ビックカメラのポイント最大20%還元は、現金で支払時に指定商品のポイントが最大20%還元されるもので、PayPayで支払時にはポイント還元率が20%→18%にダウンする点には注意。(別途、PayPayの通常付与されるポイントとして0.5%還元が適用される。)

PayPayが「全加盟店で全品20%還元(または10万円上限に全額還元)」となっていたのに対して、ビックカメラが開催するキャンペーンの20%還元対象商品は、ビックカメラが指定する商品のみで、基本的には通常10%ポイント還元→13%還元にアップするキャンペーン。

なお、PayPayでは不正利用の対策として、クレジットカードでの決済金額を24時間で2万円までに制限しているほか、過去30日間の上限が5万円に設定されており、高額な商品をクレジットカードで一括購入することが出来なくなっている。

クレジットカード支払時の決済金額上限に関するお知らせは以下にて。
クレジットカードご利用時の上限金額の設定追加について – PayPayからのお知らせ

PayPayのアプリダウンロードは以下にて。
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ – Google Play のアプリ

「PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ」をApp Storeで