大阪バイクシェア開始から1年、ポート数は22→135に急増、大阪メトロ駅付近にもポート設置

スポンサーリンク

ドコモ・バイクシェアが提供する「大阪バイクシェア」が2018年5月23日のサービス開始から1周年。

■大阪バイクシェア
大阪バイクシェア

サービス開始時点では、相互乗り入れする「HUBChari」を含めてポート数が大阪市内を中心に22箇所だったところ、2019年5月23日時点では135箇所へと急増している。

ドコモ・バイクシェア系のサービスで、単独サービスとしては直近1年間でのポート数の増加は大阪バイクシェアが最多。
※区を跨いでレンタル・返却できる東京都内10区を「1つのサービス」として捉えると、おそらく東京都10区が最多になる。

■大阪バイクシェア:ポートが急増
大阪バイクシェア:ポートが急増

新たな取り組みとして、ドコモ・バイクシェアが提供する他エリアのアカウント情報を使って、他エリアで自転車をレンタルできるようにする「ID連携」が2019年2月より開始、ID連携は4月上旬から東京・川崎が加わりID連携を本格化した。

ID連携によって、普段は東京エリアでドコモ・バイクシェアのシェアバイクを使うユーザーが、新たに会員情報を登録し直すことなく、大阪(やその他エリア)でシェアバイクを利用できるようになった。(交通系ICカードの全国対応のイメージ)
※東京エリアで月額会員登録をしている場合でも、大阪エリアでは1回会員としての料金が適用される。

■ドコモ・バイクシェアがID連携に対応
ドコモ・バイクシェアがID連携に対応

ドコモ・バイクシェア系おサービスでID(アカウント)連携に対応するエリアは全国8都市で、ポート数は全サービス合計で1,000ヶ所以上。

ドコモ・バイクシェアのID(アカウント)連携対応エリア

2019年2月28日からID(アカウント)連携対応
エリア サービス名 ポート数 料金
仙台 DATEBIKE 約70 60分 150円
以降 30分毎に100円
横浜 baybike 約80 30分 150円
以降 30分毎に150円
大阪 大阪バイクシェア 約100 30分 150円
以降 30分毎に100円
奈良 奈良バイクシェア 約35 30分 150円
以降 30分毎に100円
広島 ぴーすくる 約50 30分 150円
以降 30分毎に100円
2019年4月8日からID(アカウント)連携対応
エリア サービス名 ポート数 料金
東京 ちよくる(等) 約650 30分 150円
以降 30分毎に100円
川崎 川崎バイクシェア 約15 30分 150円
以降 30分毎に100円
2019年4月26日からID(アカウント)連携対応
札幌 ポロクル 40カ所以上 60分 150円
以降 30分毎に100円

※料金は税別
※ポート数は2019年4月5日時点
※練馬区(東京都)は割愛

また、大阪メトロとの提携で、2019年5月より大阪メトロの地下鉄駅出口付近や、大阪メトロ本社ビルにポートを設置。シェアバイクと地下鉄を組み合わせた移動がし易くなっている。

大阪メトロ関連施設に設置された大阪バイクシェアのポートは以下。

■大阪バイクシェアの新設ポート(大阪メトロ関連施設)
サイクルポート名称/住所
・北区浮田2 (地下鉄中崎町駅)/北区浮田2
・地下鉄阿波座駅10番出口/西区江之子島1
・西区新町3 (地下鉄西長堀駅)/西区新町3
・西区南堀江4 (地下鉄桜川駅)/西区南堀江4
・Osaka Metro 本社ビル/西区九条南1
・地下鉄なんば駅31番出口/浪速区難波中1
・浪速区元町2 (地下鉄なんば駅)/浪速区元町2
・あべの橋(操車場前)バス停/天王寺区悲田院町67
・東成区玉津3 (地下鉄今里駅)/東成区玉津3
・東成区大今里4 (地下鉄新深江駅)/東成区大今里4
・阿倍野区松崎町1 (地下鉄天王寺駅)/阿倍野区松崎町1

2025年に開催される大阪万博までには、大阪メトロの全駅にポートを設置する方針とのことなので、今後の展開に期待したいところ。

大阪バイクシェアは以下にて。
大阪バイクシェア