台湾のオンライン入国カードがスマホ対応、過去データのインポートも可能に

スポンサーリンク

2019年10月に台湾を訪問したところ、オンラインでの入国カードの記入がスマートフォン対応、更に過去に入力したデータをインポートすることができるようになっていた。

台湾の入国書類のオンライン申請は以下より。

入國登記表 ARRIVAL CARD
※スマートフォンでアクセスすると、自動的にスマートフォン用のページに切り替わる。

以下、スマートフォンでの入力内容を紹介。

■姓名、生年月日、性別
姓名、生年月日、性別

■国籍、パスポート番号、ビザ種別
国籍、パスポート番号、ビザ種別

観光で台湾を訪問するなど、ビザ免除の場合は「免簽證」を選択する。

■訪問目的など
訪問目的など

■日本と台湾の住所(ホテル名)
日本と台湾の住所(ホテル名)

■電話番号、メールアドレス、認証コードを入力
電話番号、メールアドレス、認証コード

オンライン上で入国カードを記入しておくと、台湾へと移動する飛行機の中で紙の入国書類を受け取りする必要が無くなる。

現地到着後に入国審査を受ける際も、紙の入国カードが無いことに関して質問されることが無く、スムーズに入国審査を受けられる。(オンライン入国カードの運用開始後間もない頃には、質問されることがあった)

オンライン入国カードの提出が便利なのは、台湾到着便に関する情報をスマートフォンのカレンダーを参照しながら入力したり、パスポート番号は先頭の一部を覚えておけば、変換履歴などなどから全桁入力せずに入力できる点で、入国書類などなどを紙で記入するよりもずっとありがたい。