相乗りタクシーが1日1,000円〜4,000円で乗り放題「さっぽろ観光あいのりタクシー」開始、電動自転車も1日使い放題

スポンサーリンク

札幌市内で、相乗りタクシーが1日1,000円〜4,000円(1人あたり)で乗り放題になる「さっぽろ観光あいのりタクシー」が11月末まで提供されている。

タクシーが乗降できるのは、札幌市内の観光施設・商業施設・飲食施設など約50か所。これに加えて、札幌市で提供中のシェアサイクル「ポロクル」が1日乗り放題になる。ポロクルの1日乗車券は通常1,300円から。

「さっぽろ観光 あいのりタクシー」の紹介は以下にて。

さっぽろ観光 あいのりタクシー
さっぽろ観光 あいのりタクシー

さっぽろ観光あいのりタクシー

■実施期間
2019年10月16日 – 11月30日
※11月末までの利用実態に応じて延長可能性あり。

■利用時間
09:00 – 22:00
※受付時間:08:00 – 21:30

■利用可能な交通手段
・あいのりタクシー
・電動アシストつきシェアサイクル「ポロクル」(1日乗車券)
※「ポロクル」の2019年シーズンの営業は10月末まで。

■運行車両
・普通タクシー(定員4名)
・ジャンボタクシー(定員9名)

■利用料金(合計金額)
1名:4,000円
2名:7,000円
3名:8,000円
4名:9,000円
5〜9名:10,000円
※1日の利用料金

■支払方法
・現金
・クレジットカード
・交通系ICカード(Kitaka/SAPICA等)
・楽天Edy、nanaco
・Alipay、Wechat Pay

■運営団体
互信ホールディングス株式会社
昭和交通株式会社
はまなす交通株式会社

■タクシー乗降場所
<観光施設>
・札幌駅北口 タクシー乗り場
・白い恋人パーク
・札幌場外市場
・円山動物園
・大倉山展望台
・サッポロビール博物館
・藻岩山展望台
・さっぽろ羊ケ丘展望台

<ホテル>
・京王プラザホテル札幌
・JRタワーホテル日航札幌
・ホテルクラビーサッポロ
・札幌グランドホテル
・札幌プリンスホテル
・札幌第一ホテル
・プレミアホテル 中島公園 札幌
・札幌パークホテル

上記以外に、市内の商業施設・飲食施設もタクシー乗降ポイントとなり、乗降ポイントは随時追加される。
※Webサイトには詳細な情報が掲載されていない。

「さっぽろ観光あいのりタクシー」は、2018年度(2019年1月)に実施した実証実験を経て、タクシーの乗降ポイントを50か所に拡大、対応する決済方法を電子マネーや現金に加えたほか、2019年4月から電動アシスト自転車を導入した「ポロクル」の1日乗車券がサービスに加わった。ポロクルの1日乗車券は、最初にタクシーを乗車すると受け取りできる。

■さっぽろ観光あいのりタクシー
さっぽろ観光あいのりタクシー
掲載元:札幌市における地域経済の活性化に向けたモビリティ向上について:NTT持株会社ニュースリリース:NTT HOME

サービスの利用方法は、事前にインターネット上で会員登録を行い、スマートフォンから配車予約を行う。

利用料金は、初回のタクシー乗車時に支払いする。なお、一部の車両はクレジットカードや交通系ICカードの支払いに非対応なので注意が必要。

■スマートフォンからタクシーを配車
スマートフォンからタクシーを配車スマートフォンからタクシーを配車スマートフォンからタクシーを配車

通常のタクシー配車と異なり、乗車予定時刻に乗車ポイントに間に合わない場合は、既に乗車中の利用客や、次の乗車予定の利用者への影響を避けるため、予約客を待つことなく出発する点に注意。

以下、Webサイトに掲載されているQ&Aから引用。

もし、乗車予定時間に間に合わない場合はどうすればよいでしょうか?

すみやかに予約のキャンセルを実施いただき、間に合う時間で再度予約をお願いいたします。なお、乗車予定時間を過ぎている場合、既に乗車中の方や、次の乗車予定の方がいらっしゃるので、担当車両は待たずに出発いたしますが、ご了承願います。

「さっぽろ観光 あいのりタクシー」は以下にて。
さっぽろ観光 あいのりタクシー

2019年シーズンから全台が電動アシストつき自転車にリニューアルした「ポロクル」の紹介は以下エントリにて。

電動アシストだけじゃない、札幌「ポロクル」の進化を紹介
「ポロクル」がドコモの赤い電動アシスト自転車に