金沢市のシェアサイクル「まちのり」、電動アシスト自転車500台・ポート50か所に。3月1日からリニューアル

スポンサーリンク

金沢市のシェアサイクル「まちのり」は、2020年3月1日よりドコモ・バイクシェアのシステム提供を受け、電動アシスト自転車を500台導入するほか、ポートを従来の約20か所→50か所へと拡大し、サービスの利用時間を24時間化する。

「まちのり」のTwitterアカウントでは、リニューアル後に導入予定の自転車が投稿されている。

「まちのり」のTwitterアカウントによると、自転車はブリヂストンとの共同開発モデルで、他エリアのドコモ・バイクシェアの車両と同様に電動アシストつき。

新しく導入する自転車では、チェーンに代わってベルトドライブを採用するほか、ハンドル部にスマートフォンフォルダーを搭載するなど、車体仕様は札幌市のシェアサイクル「ポロクル」で2019年4月より導入された車両に極めて近い。

■スマートフォン用ホルダーを標準装備(ポロクル)
スマートフォン用ホルダーを標準装備(ポロクル)

リニューアル後の「まちのり」の利用料金は以下。

■1回会員
基本料金:0円
利用料金:150円(最初の30分間)
超過料金:100円(以降30分ごと)
1日上限:2,000円/日
支払方法:クレジットカード、ドコモ払い

■月額会員
基本料金:1,500円/月
利用料金:0円(最初の30分間)
超過料金:100円(以降30分ごと)
1日上限:2,000円/日
支払方法:クレジットカード、ドコモ払い

■1日パス
まちのり事務局・提携窓口:1,500円/日
コンビニ・Webサイト:1,300円/日
支払方法:現金、クレジットカード(Web)

まちのりのWebサイトは以下にて。

まちのり – 金沢市公共シェアサイクル
まちのり - 金沢市公共シェアサイクル