富士ソフト、SIMフリーモバイルWi-Fiルーター「FS040W」クレードル連携で据置利用も

スポンサーリンク

富士ソフトは、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター「FS040W」を2020年7月7日に発売した。実売価格は税込で約20,000円。クレードルは約12,800円。

「FS040W」の紹介は以下にて。

+F FS040W 製品詳細|富士ソフト株式会社

前モデルの「FS030W」から通信速度を高速化(下り最大150Mbps→300Mbps)しているほか、別売りのクレードル(ホームキット)に挿して使うと、Wi-Fi側がIEEE 802.11acの2ストリームで利用可能となり高速化&最大で32台まで接続できる。

■FS040W主要スペック
大きさ:約76mm×76mm×19.6mm
重さ:約142g
通信速度(4G):下り最大300Mbps / 上り最大 50Mbps
通信速度(3G):下り最大42.2Mbps / 上り最大 5.76Mbps
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac (最大433Mbps)
対応周波数(4G):B1/3/8/11/18/19/21/26/41
連続通信時間:最大1,200分(20時間)
Wi-Fi同時接続数:最大15台
USB接続数:1台
対応SIM:4G対応SIM(nanoSIM)×1
接続端子:USB Type-C / USB 3.0
充電時間:最大3時間
バッテリー:3,060mAh(交換可能)
バッテリーレス運用:可能(ACアダプタのみで利用)
国際ローミング:非対応
表示言語:日本語 / 英語 / 中国語

■クレードル(ホームキット)接続時仕様
Wi-Fi同時接続数:最大32台
有線LAN接続:1000BASET-T(1000Mbps)
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac (最大867Mbps)

対応周波数を見てわかる通り、国内の4キャリアの主要な周波数に対応しており、ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの好きな通信事業者のSIMカードを挿して利用できる。

特徴的な機能として、バッテリーを取り外してACアダプターのみで動作するため、据置用などで長時間の利用時にもバッテリーに負荷をかけずに運用できる。

「FS040W」販売ページは以下にて。

富士ソフト +F FS040W

富士ソフト +F FS040W

19,580円(08/12 10:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

クレードル(ホームキット)販売ページは以下にて。

富士ソフト +F FS040W 専用ホームキット

富士ソフト +F FS040W 専用ホームキット

10,780円(08/12 10:27時点)
Amazonの情報を掲載しています