Nomad SIM、月間300GBプランを提供終了、事前予告なしに容量を変更

スポンサーリンク

Nomad Worksは、Nomad SIMの料金プラン「PROプラン」の提供を終了した。提供終了に至った理由は、規定の容量(月間300GB)に達していないにも関わらず、通信速度が制限されるという報告がユーザーからあり、Nomad Works側で確認したところ、事前の予告なしに容量上限が変更されていることが確認できたため。としている。

強制的に容量上限を変更した(容量を縮小した)理由として、リモートワークやインターネット利用の急増に伴い、サービスを安定供給するために、事前予告なしにPROプラン/300GBの通信容量変更を実施した。と説明している。

Nomad Worksによるお詫びは以下にて。
PROプラン/300GBについて

■PROプラン(300GB)提供終了に関するお詫び
PROプラン(300GB)提供終了に関するお詫び

「PROプラン/300GB」を契約中のユーザーは、プランが「BASICプラン/100GB」に変更され、料金については返金されるとのこと。返金額および返金の方法については、対象者にメールで案内する。

Nomad SIMと同様に通信容量の急増などを理由としたトラブルは2020年3月時点で「どんなときもWiFi」でも発生した。(同サービスはその後、総務省から行政指導の対象になった)

無制限を謳う「どんなときもWiFi」が通信障害、一部キャリアのSIMカード供給停止などが理由
株式会社グッド・ラックの提供する「どんなときもWiFi」で通信障害が発生している。 障害については、3月18日の時点で「不具合及び補償対応について」という内容のお知らせを掲載しており、少なくとも3月18日より前から発生している。 どんなときもWiFiは、通信容量無制限...