【楽天モバイル】20年6月時点で5,739局を開局。21年3月末に人口カバー率70%へ

スポンサーリンク

楽天は、2020年度第2四半期決算を2020年8月11日に発表。モバイルサービスの楽天モバイルでは、2020年6月末時点で5,739局が開局済み、2021年3月までに人口カバー率70%を達成する見込みを明らかに。

楽天モバイルの2020年度 第2四半期決算は以下にて。
2020年度 第2四半期決算(スライド資料)

■楽天モバイル:基地局建設を前倒し
楽天モバイル:基地局建設を前倒し

「2021年3月に人口カバー率70%達成」は、楽天全体の決算発表とは別に開催されたセクション別のプレゼンテーションでもアピールされている。

■2021年3月に人口カバー率70%へ
2021年3月に人口カバー率70%へ
戦略共有会(スライド資料)

このほか、2026年3月までに達成予定としていた「人口カバー率96%」程度のエリア拡大を、2021年夏頃までに完了する予定。
※決算発表では「2028年夏頃までに達成予定のエリアで7年前倒し」とコメントしたものの、その後コメントが訂正されている。

三木谷氏、楽天モバイルの基地局整備を「来夏には5年、前倒し」 – ケータイ Watch

【訂正 2020/8/11 16:45】
 記事掲出当初、三木谷氏の発言に基づき「7年、前倒し」としておりましたが、その後、発言内容が訂正され、「5年、前倒し」となりました。本文は修正済みです。

楽天モバイルは、過去の計画で2023年度末時点で人口カバー率74%、2025年に96%に拡大予定としていた。

■楽天モバイル:の基地局開設数の計画
楽天モバイル:の基地局開設数の計画
掲載元:携帯電話の基地局整備の在り方に関する研究会

楽天モバイルのサービス紹介・申込は以下にて。