日傘にも使える「アイカサ」熱中症警戒アラート対象エリアは無料に

スポンサーリンク

Nature Innovation Groupは、熱中症警戒アラートが発表された日は、東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県のシェア傘サービス「アイカサ」の利用料金を無料にする取り組みを発表。
※現時点で千葉県にはレンタル/返却用のスポットが配置されていないので千葉県は対象外。

「アイカサ」は晴雨兼用傘で、熱中症警戒アラートが発表された日には日傘として、雨が降ったら雨用傘として使える。

アイカサの利用料金は通常24時間70円で、東京都、神奈川県、埼玉県、茨城県内に約450か所のレンタル/返却用スポットを設置している。

環境省によるお知らせは以下にて。

環境省_熱中症警戒アラート(試行)と日傘レンタルサービスとの連携について

環境省と気象庁は、熱中症予防対策に資する効果的な情報発信として、令和2年7月1日(水)から「熱中症警戒アラート(試行)」を関東甲信地方において先行的に実施しています。これに伴い、更なる熱中症予防の推進のため、環境省が株式会社Nature Innovation Groupと連携することにより令和2年8月28日(金)から、熱中症警戒アラート(試行)が発表された日には「傘レンタルサービス」が無料で利用できるようになりました。

■アイカサ
アイカサ

アイカサは、ダイヤル式カサを採用する福岡、水戸、岡山エリアと、通信式カサを採用する首都圏・関西・中部エリアを跨いでレンタル・返却は行えない点に注意。

iOS(iPhone等)向けの「アイカサ」アプリは以下にて。
「アイカサ ikasa」をApp Storeで

Android向けの「アイカサ」アプリは以下にて。
アイカサ-傘レンタルアプリ。いつでもどこでも雨に困らない。 – Google Play のアプリ

アイカサのWebサイトは以下にて。
アイカサ(i-kasa)|日本No.1の傘シェアリングサービス