電動キックボードのシェアサービス「WIND」を試した

スポンサーリンク

電動キックボードのシェアリングサービス「WIND」が浦和美園駅で借りられる…という情報を、kinakoさんのBlogエントリで知ったので、浦和美園駅周辺で試してみた。

■電動キックボード「WIND」
電動キックボード「WIND」

「WIND」は、電動キックボードのシェアサービスで、利用料金は1回100円+1分毎に25円。例えば30分レンタルすると100円+30分×25円 = 850円になる。このほか、1時間パスが850円、1日パスが2,000円で提供されている。

1回30分以上使う場合は1時間パスが、76分(1時間16分)以上使う場合は1日パスの方がトータルの料金が割安になる。

浦和美園駅および近隣のポート(ピックアップエリア)にはWINDの利用料金を支払いする窓口などなどは一切設置されておらず、WINDのユーザー登録・レンタル・返却・料金支払などなどの手続は、全てスマートフォン上のアプリで行う。よって、スマートフォンが無ければWINDを使うことはできない。

アプリのダウンロードは以にて。
※サービス名称の「WIND」だと、なかなか目的のアプリが見つからないので、以下リンクからダウンロードをオススメ。

WIND – Eスクーター シェアプラットフォーム – Google Play のアプリ

WIND – Smart E-Scooter Sharing on the App Store

ユーザー登録&免許証登録

日本国内でWINDを公道走行するためには、道路交通法の制限により原付免許が必要になる。

アプリでユーザー登録を行う際に、免許証の写真をスマートフォンで撮影→アップロードする。

■サインイン
サインイン

サインイン時にプロモーションコードに「LP1ZVB4」を入力すると、最大500円分が無料になるので「WIND」を利用する方はご活用を。
※同エリアで約15分間のレンタルに相当するので、お試しに良いかも。

■支払情報の登録
支払情報の登録支払情報の登録

前述の通り、WINDを公道走行するためには原付免許が必要になるので、運転免許証の情報をアップロードする。姓/名/運転免許証番号を手入力する。

■運転免許証の登録
運転免許証の登録
※登録項目が名/姓の順なのでご注意を

ユーザー登録・クレジットカード情報の登録・運転免許証の登録が完了すると、WINDを利用できる。運転免許証情報のチェックに時間がかかるかも…と不安だったけれど、免許証の登録を行ってから10分以内にはWINDが利用可能になっていた。(実際にはもっと早いタイミングで利用可能となっていた可能性あり。)

1日パスや1時間パスは自動適用されず、各パスを適用する前に購入する必要がある。

パス購入は、WINDアプリのウォレット>ライドパス>から1日パス/1時間パスを購入する。今回は「1日パス」を購入してみた。

■1日パス/1時間パス
1日パス/1時間パス1日パス/1時間パス

■1日パスの購入完了
1日パスの購入完了

■ロック解除>QRコードを読み込んでロック解除
ロック解除>QRコードを読み込んでロック解除

正常にWINDのロック解除が完了すると乗れるようになる。

乗ってみた:バランスを崩しやすく、車道走行は怖い

既にご紹介の通り、WINDは原動機付自転車(=原付)と同様に、公道走行にはヘルメットの着用が必要。ヘルメットはWINDのハンドル部分にぶら下がっているカバーに収納されている。

■WIND:ヘルメットが必要
WIND:ヘルメット

■WIND:走行可能エリア
WIND:走行可能エリア

WINDの加速/原則は、ハンドル部のレバーを押して操作する。左のレバーがブレーキで、右がアクセル。

走行中に左右レバーの役割を間違えることは無かったけれど、バイク(二輪)や自転車の感覚で乗っていると、ブレーキをかける操作で無意識にハンドルの先に指を伸ばすことがあり、ブレーキをかけ始めるまでにやや手間取る(=時間を要する)ことはあった。

■左のレバーがブレーキ、右がアクセル
左のレバーがブレーキ、右がアクセル

WINDは誤って急発進することを防ぐために、停止状態でアクセルを思いっきり押し込んでも一切加速しない。加速/発進するためには、キックボードに片足乗りした状態で、自力で加速した後にアクセルレバーを押し込むことで加速する。

それなりに最高速度が出る反面、搭載されるタイヤが小さいことと、足を載せるボード部分が狭いこと、座る場所が無く立ったままの走行になるため、慣れるまでは「とにかく怖い」というのが率直な印象。

WINDには方向指示器(ウインカー)が無いので、右折/左折時や停止の合図を手信号で行う必要があるけれど、実際に走行中に手信号で合図をするのはバランスを保つのがかなり難しい。(一時停止してから行った方が良さそう。)

ある程度慣れた後に幹線道路を走ってみると、すぐ側を車がビュンビュンと走り抜けていく、後方を目視しようと振り向くとバランスを崩しやすい、手信号で合図をしながらの走行はバランス的に難しいことが実感できる。

また、荷物を入れるカゴなどの設備も無いので、カバンや買い物したモノを持ち運ぶのも難しいので、走行時は両手が空くリュックなどを使うことをオススメ。

道路交通法により、日本国内では車道を走る必要があるものの、WINDを含む電動キックボードが車道を走行するのに適しているとは言い難い。

■アプリ上でも「車道を走るように」という注意書き
アプリ上でも「車道を走るように」という注意書きが

電動キックボードは、複数の都市で実証実験がスタートしている(あるいはスタートする)けれど、くれぐれも転倒や事故にはお気をつけて。。。

浦和美園駅でのWIND関連のプレスリリースは以下にて。
(2019年3月に導入、6月から1日パスや1時間パスが追加された)

浦和美園駅で新たなモビリティサービス”WIND”を導入します!ナチュラル・グリーンパーク 見沼たんぼもグット近くに! | 埼玉高速鉄道 埼玉スタジアム線 | 都心直結、埼玉スタジアム直結

6月29日(土)から国内初のシェア電動キックボードサービスWINDが”よりお得”に”より使いやすく”! | 埼玉高速鉄道 埼玉スタジアム線 | 都心直結、埼玉スタジアム直結

アプリダウンロードは以下にて。
WIND – Eスクーター シェアプラットフォーム – Google Play のアプリ

WIND – Smart E-Scooter Sharing on the App Store