シェア傘「アイカサ」が関西進出、神戸市施設や阪神線にスポット設置7月末まで無料

スポンサーリンク

Nature Innovation Groupは、シェア傘サービス「アイカサ」を、神戸市の施設と阪神電気鉄道の駅構内で展開し、関西エリアでサービスを展開した。6月15日時点で設置されたスポット数は90か所。

【6/15関西アイカサスタート!神戸市施設・阪神電鉄など90箇所で利用可能に】
【6/15関西アイカサスタート!神戸市施設・阪神電鉄など90箇所で利用可能に】

阪神電気鉄道の大阪梅田駅、尼崎駅、甲子園駅など計39駅49か所に傘のレンタル・返却ができるスポットを設置する。神戸市では、神戸市営地下鉄の三宮駅や和田岬駅のほか、市庁舎の1号館、4号館、中央区役所などにスポットを設置している。

リリースを記念したキャンペーンとして、7月末まで利用料金が完全無料になる。

■7月末までレンタル料金無料
7月末までレンタル料金無料

なお、7月末までのレンタル料金無料は、東京を含む首都圏エリアでも実施中。

シェア傘「アイカサ」、リニューアル記念で7月末まで利用料金無料に
傘のシェアリングサービスを提供する「アイカサ」は、2020年6月8日〜7月31日まで、レンタル料金を無料にするキャンペーンを実施中。 同サービスの利用料金は、使い放題プランが月額280円、通常プラン(都度課金)は24時間あたり70円で、同月内に発生する料金は最大で420円。 ※...

アイカサのアプリダウンロードは以下にて。

アイカサ-傘レンタルアプリ。いつでもどこでも雨に困らない。 – Google Play のアプリ

「アイカサ ikasa」をApp Storeで