【最終日】Rakuten Miniの1円キャンペーン、通信料も1年無料

楽天モバイルのAndroidスマートフォン「Rakuten Mini」の本体代金が21,800円→1円になるキャンペーンが6月17日(水)08:59で終了(店舗では16日の閉店まで)。

Rakuten Miniのキャンペーン詳細・申し込みは以下にて。
Rakuten Mini本体代金が21,800円→1円

キャンペーンによる割引の適用は、「Rakuten UN-LIMIT」への申し込みが条件。同プランは通常月額2,980円ながら、300万名を対象に契約から1年間は無料になるなど、他のキャンペーン特典とも併用できる。

Rakuten Miniの本体代金一括1円キャンペーンと併用できるキャンペーンは以下。

■楽天モバイルキャンペーンまとめ
(1)Rakuten Miniを一括1円で購入可能
(2)事務手数料3,300円相当をポイントで還元(3,300ポイント)
(3)オンライン申込で3,000ポイントを還元
(4)料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」(月額2,980円)が1年無料

キャンペーン内容 キャンペーン期間 適用条件
Rakuten Miniの本体代金が1円 〜6月17日 Rakuten UN-LIMITの新規契約と同時にRakuten Miniを購入する
新規契約で3,300ポイント還元 終了日未定 開通日の翌月末までに、利用登録とSMS認証が完了すること
オンラインで3,000ポイント還元 〜6月30日 2020年8月31日(月)23:59までに、利用登録とSMS認証が完了
Rakuten UN-LIMITの月額料金が1年無料 300万名限定 Rakuten UN-LIMITを新規契約する

※Rakuten Mini本体代金の1円キャンペーンはWebで17日(水)08:59まで。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は、楽天自社エリア内で1日あたり10GBまで高速データ通信が利用できる。

10GBを超過後の通信速度は最大3Mbps(5月1日に1Mbpps→3Mbpsに高速化された)と比較的ゆるめで、日付が変われば制限はリセットされるため、モバイル通信サービスとしては通信速度制限はかなり緩くなっている。

楽天モバイルの自社ネットワークのエリア内かつ、Rakuten Miniをルーターとして使って不便しない環境であれば、固定回線代わりにもけっこう使える

対応周波数の変更とその影響

Rakuten Miniは、発売後に対応周波数を事前告知なしに修正し、利用者からの指摘により周波数の変更を告知する騒動が発生。

対応周波数の変更は、日本国内で楽天モバイルの自社基地局とauローミングエリアで使う分には直接の影響は無いものの、楽天以外の通信事業者(IIJmioや海外事業者)で利用する際には、端末側の対応周波数が異なることで影響を受ける可能性がある。

楽天モバイルのサービス詳細・申込は以下にて。
→スマホからの申込も可能。