「ドコモのシステムから暗証番号等は流出していない」ドコモ口座を経由の不正出金にドコモがコメント

スポンサーリンク

ドコモは、七十七銀行や中国銀行の口座に「ドコモ口座(ドコモコウザ)」名義で不正な引落が発生している件について、不正取得された銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号などを悪用したものであり、「ドコモのシステムへの不正アクセスによる情報取得の結果ではない」と表明している。

ドコモのお知らせは以下にて。

ドコモからのお知らせ : 一部銀行の口座情報を使用したドコモ口座の不正利用について | お知らせ | NTTドコモ

一部の銀行において、ドコモ口座を利用した不正利用が発生しております。

本件は、不正に取得された銀行口座番号やキャッシュカードの暗証番号等を悪用したものであり、当社システムに不正アクセスされ情報を取得されたものではございません。

当社は、これまで不正アクセスに対する二段階認証やアカウントロック等、様々なセキュリティ対策を講じておりますが、お客さまにより安心・安全にご利用頂けるよう、更なる対策強化に努めてまいります。

ドコモでは、不正な引落が発生した銀行について、銀行口座登録および変更の受付を中止している。対象となる金融機関は七十七銀行、中国銀行、大垣共立銀行の3行。

「ドコモ口座」を利用した銀行預金の不正引落、ドコモ契約がなくても被害対象に
ドコモの決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正な預金引き出しが発生している。 2020年9月8日(火)04:30の時点では、七十七銀行および中国銀行の口座に対して「ドコモ口座」を経由した第三者による預金の引き出し(不正利用)が確認されている。 「ドコモ口座」は、連携した銀行...

ドコモ口座のWebサイトに掲載されているお知らせは以下にて。
お知らせ|ドコモ口座