PHS終了に伴うiPhone SE(第2世代)への無料機種変更、Web受付は1月15日まで

スポンサーリンク

Y!mobileのPHSサービスは、テレメタリングプランを除いて2021年1月31日にサービスを終了する。

現時点で有効なPHS契約者を対象に、iPhone SE(第2世代)を含めたスマートフォンへの機種変更に係る費用(本体代金、機種変更等の手数料)が無料になるキャンペーンが開催されており、オンラインでは2021年1月15日まで手続を受付している。

PHSからスマホへおトクに機種変更|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

■PHS契約者向けの「無料機種変更」のWeb受付は1月15日まで

Y!mobile:PHSからの機種変更が0円

■キャンペーン期間
〜2021年1月15日
※オンライン受付は1月15日で終了。

■対応プラン(新しく契約するプラン)
スマホベーシックプランS/M/R

■PHSから機種変更が0円の機種
iPhone SE(第2世代) 64GB
かんたんスマホ2
Xperia 8
Android One S6
かんたんスマホ
Android One X5
DIGNO ケータイ3
AQUOS ケータイ3
Simply

■PHSからの機種変更特典
・上記機種の本体代金が0円
・契約事務手数料(通常3,300円)が無料
・音声通話の定額オプション「スーパーだれとでも定額」(通常1,100円)が次回機種変更までずっと無料

■注意事項
商品の受取後、2021年1月31日までに開通(切り替え)手続が必要
※開通(切り替え)手続を行わないとサービスが解約扱いになる

サービス終了直前のタイミングでは、切り替えの申込が多くなり、希望の機種が申し込みできなくなる可能性があるので、PHSから上記スマートフォンへの機種変更(契約変更)で継続を予定している方はご注意を。

なお、SIMロック解除に対応する機種については、PHSからの機種変更手続中にSIMロックの解除申込も行える。SIMロック解除にも対応するiPhone SE(第2世代)は、物理SIM + eSIMのデュアルSIM構成で、eSIMに楽天モバイルのサービスを利用すれば、楽天モバイルのエリア内では容量無制限(1日10GBまで高速)の通信が使える。

第2世代iPhone SEを楽天モバイルで使う際の注意
iPhone SE(第2世代)は、従来モデルのiPhone SEやiPhone 8と異なり、国内モデルでも物理SIM(nanoSIM)とeSIMのデュアルSIM仕様を採用。2020年4月時点でホームボタンにTouch IDを搭載し、eSIMにも対応するiPhoneはiPhone ...

楽天モバイルでは、「Rakuten UN-LIMIT V」の契約時の事務手数料が無料となるほか、契約から1年間は月額料金(2,980円)が無料になるキャンペーンを実施中。iPhone SE(第2世代)などeSIM対応機種のサブ回線としての利用に、初期費用&月額料金が節約できる。

楽天モバイルのサービス詳細・申込は以下にて。
→スマホからの申込も可能。