SoftBank on LINE(仮)、通話定額をオプション化して2,480円に値下げの事前報道

スポンサーリンク

ソフトバンクは、2021年2月18日(木)10時から「オンライン専用新ブランドに関する発表会」を開催し、「SoftBank on LINE(仮称)」に関する詳細を発表する。

日本経済新聞の事前報道によると、既に発表済みの内容(月間20GB、音声通話1回5分まで定額で2,980円)から、KDDIのpovoと同様に音声通話が1回5分まで定額をオプション化することで、基本料金を2,480円に値下げする模様。

2021年3月にスタート予定のahamo、povo、SoftBank on LINE(仮称)の料金プラン比較は以下にて。

ahamo・povo・SoftBank on LINE現時点でわかっていることのまとめと比較
ドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)、KDDIの「povo」(ポヴォ)、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」の概要が出揃ったので、現時点でわかっていることのまとめ&比較。 各社のサービスは、2021年3月に提供開始予定のため、現時点では明らかにされてい...

発表会の様子はYouTubeで中継される。