ahamo・povo・SoftBank on LINE現時点でわかっていることのまとめと比較

スポンサーリンク

ドコモの新料金プラン「ahamo」(アハモ)、KDDIの「povo」(ポヴォ)、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」の概要が出揃ったので、現時点でわかっていることのまとめ&比較。

各社のサービスは、2021年3月に提供開始予定のため、現時点では明らかにされていない点も多く残っている。

ざっくりと比較すると、ドコモの「ahamo」が発表した「20GBで2,980円(1回5分までの通話定額)」をベースに、ソフトバンクの「SoftBank on LINE(仮称)」ではLINEをカウントフリー対象にしているほか、eSIMを提供予定で、月額料金はahamoと同額の2,980円。

KDDIの「povo」では通話定額を基本プランから省く形で2,480円におさえつつ、トッピングとして月額500円で1回あたり5分までの音声通話定額を提供する。「povo」のトッピングは、200円でデータ通信量が24時間定額になるトッピングも用意される。

「ahamo」は、82か国の国際ローミングが追加料金なしで利用できる。

■ahamo / povo / SoftBank on LINEの比較

親ブランド
(提供元)
docomo KDDI ソフトバンク
サービス ahamo povo SoftBank on LINE
サービス開始 2021年3月 2021年3月 2021年3月
月額料金 2,980円 2,480円 2,980円
データ通信量 20GB/月 20GB/月 20GB/月
超過時速度 1Mbps 1Mbps 1Mbps
ネットワーク 4G/5G 4G/5G
(5Gは21夏対応予定)
4G/5G
音声通話定額 1回5分まで定額
1,000円追加で通話放題
なし(月額500円で1回5分定額) 1回5分まで定額
1,000円追加で通話放題
契約チャネル Web限定 Web限定 Web / LINE
eSIM対応 未定 対応予定(時期不明) 対応予定
テザリング オプション申込不要 オプション申込不要 オプション申込不要
契約事務手数料 無料 不明(恐らく無料) 不明(恐らく無料)
MNP転出手数料 無料 不明(恐らく無料) 不明(恐らく無料)
その他・特長 国際ローミング(82か国)が追加料金なし ■トッピング
データ使い放題(24時間):200円
データ追加(1GB):500円/1GB
音声通話定額(1回5分):500円/月
音声通話定額(制限なし):1,500円/月
「LINE」がカウントフリー(使い放題)

※各種料金は税別

「データ通信量20GBで2,980円、1回あたり5分の音声通話コミ」というラインは同様ながら、ahamoは海外でのデータローミングが追加料金なし、povoは1回200円で24時間データ使い放題などのトッピング対応、SoftBank on LINEはLINEがカウントフリーなど、3社それぞれ特長のあるプランが2021年3月に出揃う。