【au】新料金「povo」20GBで2,480円から、200円で24時間使い放題トッピングも

スポンサーリンク

KDDIは、新料金プラン「povo」(ポヴォ)を2021年3月に提供する。月額基本料金は2,480円で、基本料金に含まれるデータ通信量は20GB。

KDDIのプレスリリースは以下にて。

20GBが月額2,480円、auのオンライン専用の新料金「povo (ポヴォ)」を提供 | 2021年 | KDDI株式会社
KDDIの新プラン「povo」(ポヴォ)

必要となるパッケージをトッピングとして、24時間のデータ通信使い放題が200円、5分以内かけ放題が500円/月、音声通話定額を1,500円で提供する。

「povo」(ポヴォ)概要

■新料金プラン
povo(ポヴォ)

■ネットワーク
KDDIの4G/5G
※5Gは2021年夏対応予定

■データ通信量
20GB/月
※超過時最大1Mpbs

■月額料金
2,480円/月
※税別

■「povo」向け追加トッピング
データ使い放題(24時間):200円
データ追加(1GB):500円/1GB
音声通話定額(1回5分):500円/月
音声通話定額(制限なし):1,500円/月
→追加トッピングはオンラインで手続する

■契約・変更手続
オンライン限定

■その他
eSIMも対応予定

■キャリアメール
非対応

KDDIの新プラン「povo」は、先だって発表されたドコモの「ahamo」および、ソフトバンクの「SoftBank on LINE(仮称)」に対抗するプランで、両社のプランでは月額料金に含まれている1回あたり5分までの音声通話定額をオプション扱いにすることで、月額料金を割安にしている。なお、5分通話定額を申し込みした場合は月額2,980円で3社が並ぶ。

ネットワークはKDDI(au)のネットワークが利用可能。ただし5Gサービスについては2021年夏に対応する予定。また、eSIMについても提供予定となっている(eSIM提供時期は不明)

国際ローミングについてはプレスリリース中での言及が無く、詳細は不明。