ドコモ、KDDI、ソフトバンクが北海道全域のWi-Fiを無料開放。誰でも利用できるインターネット接続を提供

スポンサーリンク

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、平成30年北海道胆振東部地震の発生をうけ、大規模災害時にWi-Fiを無料開放する「00000JAPAN」を北海道全域で提供開始。

電力が回復し、Wi-Fiサービスが提供可能となったエリアにて、各キャリアのWi-Fiスポットで「00000JAPAN」が利用可能になる。

「00000JAPAN」は、事前の登録や契約不要で使えるインターネット接続サービスで、大規模災害が発生した際に、Wi-Fi経由でのインターネット接続サービスを提供している携帯電話事業者や、公衆無線LANサービスを提供する事業者が協力して提供される。

■災害時用Wi-Fiサービス「00000JAPAN」が稼働
災害時用Wi-Fiサービス「00000JAPAN」が稼働

今回の地震では、携帯電話3社以外にNTTやNTTBP社が運営するWi-Fiサービスも無料開放の対象に含まれている。

災害時に事前登録不要・認証などの手続なしに使えるインターネット接続サービスは災害時に必要な情報収集および安否確認を行うことを主目的として提供されるため、通信については暗号化がされていないほか、SSIDだけでは悪意あるアクセスポイントかどうかを見分ける方法は存在しないため、利用時には注意が必要。

総務省|00000JAPAN等により無料開放された無線LANの利用について (注意喚起)

他方、スマートフォンやパソコンがあれば、認証手続なしにインターネットに接続できるものであり、緊急時の利便性を優先するため、通信の暗号化等のセキュリティ対策が講じられておらず、通信内容の盗聴や偽のアクセスポイントを用いた情報の窃取が行われるおそれがあります。そのため、個人情報等の入力は極力避けていただくよう、ご注意をお願いします。