ドコモの5G対応プランでiPhone 8などが「圏外」になる問題が解決

スポンサーリンク

ドコモの5Gプランを契約しているSIMカードで、iPhone 8などの旧機種が(再び)利用可能になった。

■ドコモの5G契約SIMでiPhone 8など旧機種が(再び)利用可能に
ドコモの5G契約SIMでiPhone 8など旧機種が(再び)利用可能に

ドコモの5G料金プランでは、2020年11月に3Gサービスが利用不可になったことに伴い、iPhoneではiPhone 8以前の機種で「圏外」となり、サービスが一切利用できなくなった。

サービスが圏外になるのは、ドコモの5G対応プラン(5Gギガホ等)を、5G非対応端末で利用する場合に一部機種で発生する問題で、「5G対応スマートフォンを5Gプランで使う」というオーソドックスな使い方については、サービスが圏外になる等の致命的な影響は無い。

2021年3月9日現在は、「ahamo」提供開始に向けた準備措置としてドコモ側がネットワークの変更を行ったためか、iPhone 8などの旧機種でもドコモの5G契約SIMカードでサービスが利用できている。

ドコモの「ahamo」は、iPhone 6以降に対応する。このため、(手元に無いので実機では未確認ながら)ahamoの対応機種に含まれているiPhone 6以降の機種ではドコモの5G契約SIMが使えるようになったと考えられる。

ドコモは、5G向けの「5Gギガホ プレミア」を2021年4月より提供する。同プランでは、これまで「5Gギガホ」でキャンペーン扱いとしていた、通信容量制限なしを標準サービスとして提供する。

■5Gギガホ プレミアでは容量無制限が標準サービスに
5Gギガホ プレミアでは容量無制限が標準サービスに