JR東日本とOpenStreetが資本業務提携、駅ビルにシェアサイクル拠点拡充など

スポンサーリンク

シェアサイクル「HELLO CYCLING」を提供するOpenStreetは、2021年5月10日付けでJR東日本と資本業務提携を締結したと発表。

OpenStreetのプレスリリースは以下にて。

JR東日本とOpenStreetが提携し、駅と地域間の移動機能を拡充します | NEWS(ニュース) | HELLO CYCLING -どこでも借りられて好きな場所で返せる自転車シェア

JR東日本グループの駅ビルなどに、OpenStreetのシェアサイクル「HELLO CYCLING」のサイクルステーションを整備し、JR東日本が提供する鉄道を中心とした交通手段と、OpenStreetのシェアサイクルを連携することで、駅と地域間の移動機能を拡充し、街の回遊性向上に繋げる。

JR東日本の「JRE POINT」とOpenStreetが提供するシェアサイクルを令兄することで、OpenStreetのシェアサイクル利用で「JRE POINT」が獲得できるようになる。また、JR東日本の都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」と「HELLO CYCLING」の連携についても準備を進める。
※「Ringo Pass」は現在、ドコモ・バイクシェアと連携している

プレスリリースによると、OpenStreetのサービスは全国約200の区市町村で3,600以上のステーションを展開している。