【ドコモ・バイクシェア】シェアサイクルの超過料金を30分毎に100円→165円に値上げ、東京・川崎で2022年2月から

スポンサーリンク

ドコモ・バイクシェアは、シェアサイクルサービスの利用料金値上げを発表した。

ドコモ・バイクシェアのプレスリリースは以下にて。
【東京・川崎】料金プラン改定のおしらせ | 株式会社ドコモ・バイクシェア

対象となるサービスは、東京都内11区の広域連携で提供中の「東京自転車シェアリング」、「練馬区シェアサイクル」、「川崎バイクシェア」で、改定日時は2022年2月1日から。

■ドコモ・バイクシェアのシェアサイクル

値上げ対象は、1回会員および月額会員で最初の30分を過ぎた際の超過料金で、30分ごとに110円だった料金が165円となる。

ドコモ・バイクシェア:シェアサイクルの料金値上げ

■対象サービス
・東京自転車シェアリング(千代田区、港区、中央区、新宿区、文京区、江東区、品川区、目黒区、大田区、渋谷区、中野区)
・練馬区シェアサイクル
・川崎バイクシェア

■改定内容
1回会員:最初の30分は165円、以降30分ごとに165円
月額会員:基本料金は2,200円、最初の30分は0円、以降30分ごとに165円
※各種料金は税込

ドコモ・バイクシェアのシェアサイクルでは、神戸市で提供中の「コベリン」も最初の60分のレンタル料金を100円→150円に値上げする(12月15日から)ほか、福岡市などで提供中の「チャリチャリ」も、2021年5月にレンタル料金を1分4円→6円に値上げ(関連エントリ)している。