ドコモの4G回線を使う固定電話「homeでんわ」、セット割で月額550円から

スポンサーリンク

ドコモは、ドコモの4G LTE回線を使いながら、固定電話番号で電話を発着信する「homeでんわ」を2022年3月に提供する。

ドコモのプレスリリースは以下にて。

報道発表資料 : 「homeでんわ」の提供を開始 | お知らせ | NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、お客さまが現在ご利用中の固定電話機と、市外局番から始まる固定電話番号をそのままご利用いただける※1、モバイルネットワークを利用した固定電話サービス※2「homeでんわTM」を、2022年3月下旬※3から提供開始いたします。

専用端末「homeでんわ HP01」と固定電話機を電話線に繋いで使用する。電話発信時は、原則として「03」など、固定電話向けの電話番号で発信を行う。

ただし、110番や119番など緊急電話番号宛の発信は、070/080/090の携帯電話の番号が発信相手に通知される。

■「homeでんわ」利用イメージ
「homeでんわ」利用イメージ

料金プランは「homeでんわ ライト」(月額1,078)と、「homeでんわ ベーシック(2,178円)」で、ドコモのスマートフォンやホームルーター「home 5G」の契約者には、「homeでんわセット割」が適用され、月額料金が528円割引される。

「homeでんわ ベーシック」は、通話通着信、転送でんわ、発信者番号表示、ナンバー・リクエスト、迷惑電話ストップサービスの付加機能使用料が無料。さらに、550円分の無料通話がセットに。

■「homeでんわ」
homeでんわ ライト:1,078円/月→セット割で550円/月
homeでんわ ベーシック:2,178円/月→セット割で1,650円/月

■「homeでんわ」月額料金
「homeでんわ」月額料金

利用料金として、契約事務手数料が2,200円、番号ポータビリティを利用して電話番号を引き継ぐ場合は番号継続登録料が2,200円発生する。

なお、「homeでんわ」で、市外局番から始まる固定電話の電話番号をそのまま使えるのは、NTT東西が新規に払い出した電話番号に限られる。この番号を、他事業者へ番号ポータビリティで利用している場合でも利用可。

シャープのWebサイトでの「homeでんわ HP01」紹介は以下にて。
homeでんわ HP01 docomoの特長|AQUOS:シャープ