【KDDI】VoLTE交換機でトラフィック輻輳、障害復旧は未定

スポンサーリンク

KDDIは、2022年7月2日(土)01:35頃から発生している、全国でau/UQ mobile/povo2.0などau系サービスの音声通話、データ通信が利用しづらくなる障害について、障害の発生原因を明らかに。

KDDIの発表によると、7月2日(土)未明に発生した設備障害によりVoLTE交換機でトラフィックが輻輳しているため、全国エリアで音声通話・データ通信が繋がりにくくなっているとのこと。

障害の影響で、緊急通話も利用しづらい状況が発生しているため、警察や消防などの緊急機関への通報については、固定電話や公衆電話など、障害の影響を受けない回線から発信することを案内している。

KDDIのお知らせは以下にて。

(7月2日 18時00分現在)au携帯電話サービスがご利用しづらい状況について

4.原因
2022年7月2日(土)未明の設備障害により
VoLTE交換機でトラヒックの輻輳が生じております。

また、各地の自治体や消防本部なども緊急時の通話について、KDDI回線以外からの連絡を呼びかけている。

なお、KDDIは公式Twitterアカウントで緊急地震速報(など、ETWSと思われる)の受信については影響がないと案内している。

手元の環境では、7月2日(土)の16:00前後にiPhone + UQ mobileで、アンテナピクトは正常に表示されないものの、データ通信は利用可能だった。(その後、データ通信が利用できなくなったので、復旧には至っていない模様。)