UQ WiMAXはユーザの声に基づいてアクションを起こす

スポンサーリンク

有料サービス開始まで残すところ約2週間となったUQ WiMAX。
モニターユーザから直接意見を吸い上げる、お客様の会を企画し、社長自らユーザから直接意見を聞き入れているなど、サービスの開始にあたってエンドユーザからのフィードバックを重視する姿勢が見られる。

そんなUQ WiMAXの取り組みを示す例が、shinkmrさんによって紹介されている。
[UQ WiMAX]基地局不具合是正(木村研究室のおぼえがき)

先日のUQお客様の会で横浜市西区、中区境界付近でのチューニングの悪さを指摘したところ、早速調査をしてくれたようです。

UQ WiMAXエリアマップの投稿ランキングで唯一の4桁超えプロットをしているshinkmrさんの指摘によって実際に調査&修正に乗り出しているらしい。

エリア展開は正直苦戦しているように感じているものの、こういう姿勢を見ると、応援せざるを得ない。

ちなみに、投稿ランキングのshinkmrさんの独走状態に『待った』をかける存在として注目しているのが、第14回ランキングで2位にランクインしている、『くにたか』さん。
ざっと拝見させていただいたところ、品川~大森などでかなり詳しいデータをプロットされているようだ。


大きな地図で見る

このエリアを見ていて気づいた事として、西大井と大森を結ぶエリアに『×』が集中している事がわかる。これはエリア展開における穴だろうか。
7月1日には眠っている基地局が一気に稼動するという情報もあるので、こういったエリアが改善されるのか?興味深い(^ ^)