iPhone 4とiPod touch第4世代 + Wi-Fiルータの料金比較

スポンサーリンク

個人的には既にiPod touch をポチってはいる(関連エントリ)んだけれど、改めてiPhone 4とiPod touch第4世代 + モバイルWiFiルータの料金などなどを比較してみることにした。

iPhone 4とiPod touch + Wi-Fiルータ主な比較ポイント

使用端末 iPhone 4 32GB
(SoftBank)
iPhone 4 32GB
(SIMフリー版)
iPod touch 32GB
(第4世代)
販売店 SoftBank Online Shop AppStore(香港)など Amazon
本体
端末価格
57,600円 HK$ 5,888
(約66,000円)
27,800円
Wi-Fiルータ
端末名称
なし なし URoad-7000 ポータブルWi-Fi b-mobile Wi-Fi
Wi-Fiルータ
端末価格
なし なし 4,800円 1円 17,818円
料金プラン 標準プライスプラン talking b-microSIM BIC定額 定額データプラン スタンダード バリュー b-mobile SIM U300
回線費用 569円~3,950円 6,260円 1年目:
3,780円
2年目:
4,4,80円
1年目:
1,000円~4,410円
2年目:
1,000円~5,985円
2,234円
二年間の
コスト合計
78,816円~159,960円 216,240円 131,720円 63,801円~164,481円 99,254円

iPhone 4とiPod touchの利用だけに限ると、価格のみの比較であれば必ずしもモバイルWi-Fiルータを経由する方が圧倒的に安い。という事でもなく、(むしろ、高くなるケースもある)iPhone 4以外にパケット通信を行うマシンを利用する予定が無くて、かつSoftBank回線でも別段不自由しない。という使い方であれば、SoftBank版のiPhone 4をオススメ。

iPhone 4は使いたいけれど、SoftBank回線だとエリアや回線容量の問題で困る。
という方は日本通信が提供する『talking b-microSIM』を利用するのが良さそうではあるけれど、SIMフリー版のiPhone 4の入手に少々ハードルが高い(&在庫希少のため価格が高い)点をクリアする必要がある。

逆に、モバイルWi-Fiルータを既に持っているようなユーザであれば、iPhone 4またはiPod touchを追加しても、モバイルWi-Fiルータにパケットを流せば、回線コストは安く抑える事が出来るし、これらの端末以外との通信の用途にもモバイルWi-Fiルータが使えるのは魅力的。

個人的にはiPhone 4を狙いつつも、とりあえずはiPod touchの第4世代を使ってみてから考えるという事で(^ ^;

上記表の元になっている、詳細な比較表は以下より。
・iPod touch + モバイルWi-Fiルータの比較
・iPhone 4の国内版、SIMフリー版の比較

iPod touch + モバイルWi-Fiルータの場合の比較

iPod touchとモバイルWi-Fiルータを組み合わせて使用した場合の料金や通信速度などなどの比較。

モバイルWi-Fiルータ自体の比較は、以下のエントリにより詳細をまとめているのでこちらもご参照頂ければ。
各社のモバイルWiFiルータ比較 | shimajiro@mobiler

本体端末 使用端末 iPod touch 32GB
(第4世代)
iPod touch 32GB
(第4世代)
iPod touch 32GB
(第4世代)
販売店 Amazon
端末価格 27,800円
WAN回線 端末名称 URoad-7000 ポータブルWi-Fi b-mobile Wi-Fi
販売店 ビックカメラ ドコモショップ等 Amazon
初期費用 4,800円 1円 17,818円
WAN側回線 BIC WiMAX
(UQ WiMAX網のMVNO)
NTT docomo 日本通信
(NTT docomo網のMVNO)
料金プラン BIC定額 定額データプラン スタンダード バリュー b-mobile SIM U300
ISP費用 525円
回線費用 1年目:3,780円
2年目:4,4,80円
1年目:1,000円~4,410円
2年目:1,000円~5,985円
2,234円
通信速度
下り最大
40Mbps 7.2Mbps 300kbps
通信速度
上り最大
10Mbps 5.8Mbps 300kbps
音声通話 × × ×
SIMロック 3G非対応(WiMAX網) SIMフリー
合計・その他 二年間の
コスト合計
131,720円 63,801円~164,481円 99,254円
備考 URoad-7000はBIC WiMAXでの契約を想定。 端末はポータブルWi-Fiを新規契約する事を想定。
ISPはmoperaを想定
回線費用は6ヶ月ライセンスの13,409円を1か月分に換算。

SoftBank版iPhone 4とSIMフリーiPhone 4の比較

iPhone 4とiPod touch + モバイルWi-Fiルータとの比較。という趣旨とはちょっと外れるけれど、オマケという事でiPhone 4のSoftBank版とSIMフリー版の比較も。

契約してから2年間の間は確かにSoftBankの方が料金面で優位と言えるけれど、3年目からはあんまり大きな差は無いと言えるかも…(^ ^;
まぁ、3年目には新たな端末で月々割りの適用を受けている前提だと、話しが変わってくるのですがその辺は割愛という事で。

本体端末 使用端末 iPhone 4 32GB
(SoftBank)
iPhone 4 32GB
(SIMフリー版)
販売店 SoftBank Online Shop AppStore(香港)など
端末価格 57,600円 HK$ 5,888
(約66,000円)
WAN回線 端末名称 本体に内蔵 本体に内蔵
販売店
初期費用
WAN側回線 SoftBank 日本通信
(NTT docomo網のMVNO)
料金プラン 標準プライスプラン talking b-microSIM
ISP費用 315円
回線費用 569円~3,950円 6,260円
通信速度
下り最大
7.2Mbps 端末スペックは下り7.2/上り5.8Mbps
WAN回線側での制限なし
通信速度
上り最大
5.8Mbps
音声通話
SIMロック
合計・その他 二年間の
コスト合計
78,816円~159,960円 216,240円
備考 25ヶ月目以降の月額料金は、2,324~5,705円。
ホワイトプランi契約必須。
回線費用は月々割り適用後。
音声通話で発生する従量料金などは考慮しない。