DTI ハイブリッドモバイルプランの料金比較

スポンサーリンク

■修正履歴

2010.3.9
初出時、『FOMA定額データプランスタンダード(最高料金の場合)』の13ヶ月目以降の料金を本来5,945円のところ、5,145円で計算していましたので修正しましたm(_ _)m
Twitter上でのご指摘、ありがとうございました。


DTIがFOMAのMVNOで面白いプランを発表したので、docomoの定額データプラン、日本通信のb-mobile SIM U300と料金比較を行ってみた。

今回発表されたのは『DTI ハイブリッドモバイルプラン』で、FOMA網とWi-Fiの利用が可能。下り最大 7.2Mbpsの速度に対応したNetIndex製のモバイルWi-Fiルータなどをレンタルして利用するサービス形態。

詳細については、ケータイWatchの記事を参照。

「DTI ハイブリッドモバイルプラン」、FOMAとWi-Fiで月額2980円 – ケータイ Watch

発表された『DTI ハイブリッドモバイルプラン』のポイントは下記。

■DTI ハイブリッドモバイルプランのポイント
料金:2,980円/月
契約期間:最低2年間。2年以内の解約で違約金発生。
違約金:最大で41,055円。以降、契約期間に応じて1,785円/月ずつ減額。24ヶ月目以降は発生しない。(契約の自動更新なし)
端末:630円/月でレンタル。レンタルは必須。

今回は、

・DTI ハイブリッドモバイルプラン
・NTT docomo提供の『定額データプラン スタンダード バリュー』
・日本通信 b-mobile SIM U300

の3つのサービスについて、サービス内容の料金&比較を行ってみた。

■サービス内容の比較

料金プラン&端末名 契約期間縛り 通信速度
(下り最大)
通信速度
(上り最大)
公衆無線LAN ISPサービス
DTI
ハイブリッドモバイルプラン
NetIndex Mobile Router
最低2年間 7.2Mbps 端末:5.76Mbps
NW:384kbps
YourNet MOBILE DTI提供
NTT docomo
定額データプラン
スタンダードバリュー
(HW-01C)
2年間
(自動更新)
7.2Mbps 5.76Mbps 別途必要 別途必要
日本通信
b-mobile SIM U300
特になし 300kbps 300kbps 別途必要 日本通信提供

*DTIの『ハイブリッドモバイルプラン』では、端末はHSUPA対応だけれどネットワーク側で上りは最大 384Kbpsに抑えられている。

3Gだけでなく、公衆無線LANを含めたサービスを、ワンストップで低価格に提供。と言うのは、今回発表されたDTI ハイブリッドモバイルのメリットと言えそう。

続いて、各サービスの契約期間毎の必要料金について。

■DTI ハイブリッドモバイルプラン

DTIハイブリッドモバイルプランは、解約時の違約金が高めに設定されているので、1ヶ月目の解約時の料金などは高め。
その代わりに、毎月の支払い金額は2,980円 + 端末レンタル代の630円で合計3,610円と低めに設定されているのが、DTI ハイブリッドモバイルプランの特徴。

最低契約期間として設定されている二年間の経過後の解約は、解約に伴う違約金みたいなものは発生しない。

契約月数 (1)月額
利用料金
解約金 支払金額合計
(① + ④)
(2)規定料金 (3)レンタル端末
規定料金
(4)合計
1 \3,610 \26,565 \14,490 \41,055 \44,665
2 \7,220 \25,410 \13,860 \39,270 \46,490
3 \10,830 \24,255 \13,230 \37,485 \48,315
4 \14,440 \23,100 \12,600 \35,700 \50,140
5 \18,050 \21,945 \11,970 \33,915 \51,965
6 \21,660 \20,790 \11,340 \32,130 \53,790
7 \25,270 \19,635 \10,710 \30,345 \55,615
8 \28,880 \18,480 \10,080 \28,560 \57,440
9 \32,490 \17,325 \9,450 \26,775 \59,265
10 \36,100 \16,170 \8,820 \24,990 \61,090
11 \39,710 \15,015 \8,190 \23,205 \62,915
12 \43,320 \13,860 \7,560 \21,420 \64,740
13 \46,930 \12,705 \6,930 \19,635 \66,565
14 \50,540 \11,550 \6,300 \17,850 \68,390
15 \54,150 \10,395 \5,670 \16,065 \70,215
16 \57,760 \9,240 \5,040 \14,280 \72,040
17 \61,370 \8,085 \4,410 \12,495 \73,865
18 \64,980 \6,930 \3,780 \10,710 \75,690
19 \68,590 \5,775 \3,150 \8,925 \77,515
20 \72,200 \4,620 \2,520 \7,140 \79,340
21 \75,810 \3,465 \1,890 \5,355 \81,165
22 \79,420 \2,310 \1,260 \3,570 \82,990
23 \83,030 \1,155 \630 \1,785 \84,815
24 \86,640 \0 \0 \0 \86,640
25 \90,250 \0 \0 \0 \90,250

■注意事項
月額利用料金には、月額料金(2,980円/月)のほか、端末レンタル代(630円/月)を含む

続いて、NTT docomoの定額データプラン、スタンダードバリューを毎月上限金額まで使用した場合。

25ヶ月間で約13万円と、DTIのハイブリッドモバイルプランと比べると約40,000円ほど高くなる。
ただ、下記のシミュレーションは『25ヶ月間ずっと上限金額を払い続けた場合』というシミュレーションなので、例えば1年間利用した後、1年間は使わない(解約せずに契約は維持)という場合は、定額データプラン スタンダードバリューの下限金額で維持する事が出来るのが、定額データプラン スタンダードバリューのメリット(^ ^)

■FOMA 定額データプラン スタンダードバリュー(上限料金)

契約月数 月額利用料金
(最高)
解約金 その他 支払金額合計
1 4,910 ¥26,880 ¥-16,850 ¥14,940
2 9,820 ¥26,145 ¥-16,850 ¥19,115
3 14,730 ¥25,410 ¥-16,850 ¥23,290
4 19,640 ¥24,675 ¥-16,850 ¥27,465
5 24,550 ¥23,940 ¥-16,850 ¥31,640
6 29,460 ¥23,205 ¥-16,850 ¥35,815
7 34,370 ¥22,470 ¥-16,850 ¥39,990
8 39,280 ¥21,735 ¥-16,850 ¥44,165
9 44,190 ¥21,000 ¥-16,850 ¥48,340
10 49,100 ¥20,265 ¥-16,850 ¥52,515
11 54,010 ¥19,530 ¥-16,850 ¥56,690
12 58,920 ¥18,795 ¥-16,850 ¥60,865
13 63,830 ¥18,060 ¥-16,850 ¥65,040
14 70,275 ¥17,325 ¥-16,850 ¥70,750
15 76,720 ¥16,590 ¥-16,850 ¥76,460
16 83,165 ¥15,855 ¥-16,850 ¥82,170
17 89,610 ¥15,120 ¥-16,850 ¥87,880
18 96,055 ¥14,385 ¥-16,850 ¥93,590
19 102,500 ¥13,650 ¥-16,850 ¥99,300
20 108,945 ¥12,915 ¥-16,850 ¥105,010
21 115,390 ¥12,180 ¥-16,850 ¥110,720
22 121,835 ¥11,445 ¥-16,850 ¥116,430
23 128,280 ¥10,710 ¥-16,850 ¥122,140
24 134,725 ¥9,975 ¥-16,850 ¥127,850
25 141,170 ¥0 ¥-16,850 ¥124,320

■注意事項
月額料金にはプロバイダ利用料(mopera U:500円/月)を含む。
契約日から13ヶ月目までは、「定額データプラン」新規お申し込み料金割引キャンペーンにより上限金額を 最大1,575円割り引くものとする。
利用端末はHW-01C。実勢価格に合わせて、端末台0円 + CB 20,000円とする。
“その他”は、キャッシュバックの-20,000円 + 新規契約事務手数料 3,150円の合計金額。

参考までに、定額データプランスタンダードバリューの契約時の最低料金は以下。

■FOMA 定額データプランスタンダードバリュー(下限料金)

mopera UなどISPの料金も計算に入れていないので、基本的にはこの価格で使えると言うより、『使わなくなったときにはこの価格で維持できる』と考えて頂ければ。

先述の上限金額の部分でもカンタンに説明したけれど、定額データプラン スタンダードバリューは、下限金額が1,000円と、DTIハイブリッドモバイルプランの3,610円/月と比べてかなり安く設定されている。

契約月数 月額利用料金 解約金 その他 支払金額合計
1 \1,000 \26,880 \-16,850 \11,030
2 \2,000 \26,145 \-16,850 \11,295
3 \3,000 \25,410 \-16,850 \11,560
4 \4,000 \24,675 \-16,850 \11,825
5 \5,000 \23,940 \-16,850 \12,090
6 \6,000 \23,205 \-16,850 \12,355
7 \7,000 \22,470 \-16,850 \12,620
8 \8,000 \21,735 \-16,850 \12,885
9 \9,000 \21,000 \-16,850 \13,150
10 \10,000 \20,265 \-16,850 \13,415
11 \11,000 \19,530 \-16,850 \13,680
12 \12,000 \18,795 \-16,850 \13,945
13 \13,000 \18,060 \-16,850 \14,210
14 \14,000 \17,325 \-16,850 \14,475
15 \15,000 \16,590 \-16,850 \14,740
16 \16,000 \15,855 \-16,850 \15,005
17 \17,000 \15,120 \-16,850 \15,270
18 \18,000 \14,385 \-16,850 \15,535
19 \19,000 \13,650 \-16,850 \15,800
20 \20,000 \12,915 \-16,850 \16,065
21 \21,000 \12,180 \-16,850 \16,330
22 \22,000 \11,445 \-16,850 \16,595
23 \23,000 \10,710 \-16,850 \16,860
24 \24,000 \9,975 \-16,850 \17,125
25 \25,000 \0 \-16,850 \8,150

■注意事項
利用端末はHW-01C。実勢価格に合わせて、端末台0円 + CB 20,000円とする。
“その他”は、キャッシュバックの-20,000円 + 新規契約事務手数料 3,150円の合計金額。

■日本通信 b-mobile SIM U300

DTIのWeb上では2,980円/月とされた『b-mobile SIM U300』だけれど、その価格で販売しているのはbモバイルの公式マーケットぐらいで、実は1ヶ月当たりの料金はざっくり2,200円前後だったりする(^ ^;

3,000円って聞く印象と、2,200円前後なのはだいぶ印象違うよなぁ…。日本通信、この辺はもう少し見せ方を工夫したほうがユーザ増えるかも。(大きなお世話だけど)

項目 b-mobile SIM 12ヶ月
(Amazon)
b-mobile SIM 12ヶ月
+2ヶ月のボーナス
(Amazon)
販売価格 \27,088 \27,088
契約期間 12 14
1ヶ月当たり料金 \2,257 \1,935

そんなわけで、いくつかの料金プランをまとめてみて気づいたのは、FOMAの『定額データプラン スタンダード バリュー』と比較して、2年間で最大でも30,000円40,000円前後しか変わらないし、MVNOで安価にユーザ向けに提供するDTIが本家FOMAの速度に勝る事は恐らく無いだろうし、契約途中に何らかの理由で利用しないような状態になったとしても、2,980円 + 630円の料金を毎月払うのは嫌だけれど、解約を防ぐ手段として、しっかりと解約金がお高い。
と言う当たりで、DTIのプランは今のところ契約するつもりは無い(^ ^;

加えて、今回、DTIのWebサイトを見て気になった点は以下。

・端末のレンタル代はサービスとして必須なのに、価格は大々的に2,980円/月としかうたっておらず、Webサイト上の料金比較からも端末レンタル代を省いてるのでユーザにとって不親切。
⇒最初、2,980円の中に端末レンタル代が含まれているのかと勘違いした(^ ^;

・解約時に発生する料金がいくらなのか分かりにくかった。(というか、2年契約である点が分かりづらかった)
⇒違約金が発生するのかどうなのか、サイトをざらっと見ただけではわからなくて、提供規約などを見てみたら気づいた。

・比較グラフの中にある『D社』が日本通信だとすると、日本通信の月額価格が2,980円になっているけれど、これは公式オンラインマーケットでの価格だし、2年縛りを前提に考えるのであれば、1ヶ月 * 24ヶ月で考えるよりも12ヶ月 * 2年で考えた方が自然で、この場合の日本通信の月額金額は上記表のとおり。キャンペーン価格なら1,935円、そうでなくても実質2,257円と実は結構安い点が無視されている。

というあたりで、何となくしれっと縛りがきつくて解約金が高かったり、比較方法があまり実態を反映しているとは思えず、あまり応援する気にはなれない『DTI ハイブリッドモバイルプラン』だけれど、あえてオススメするとすれば、この先2年ほどはFOMA網のMVNOの回線(速度制限などの詳細は現在不明)を利用し続ける事が明確で、かつ契約終了後は契約中に毎月630円支払った端末のレンタル代が帰って来ずに、端末が手元に残らなくても良い。と思える方は、初期費用が抑えられて良いのでは~。
と言う感じで、個人的にはスルーの方向(^ ^;

とはいえ、『初期費用ゼロ&月額2,980円の格安!』みたいなキャッチコピーで登録するユーザも少なくなさそうではあるのもまた真実。。。

個人的にはスルーの方向だけど、契約するよ!って方がいらっしゃいましたら教えて下さいませ。

コメント

  1. […] *ちなみに、僕自身は過去のエントリで残したように、DTIハイブリッドモバイルプラン微妙だなー。と思っている人間なので、その人間が選んだ情報。という点は加えておく(^ ^; […]

  2. まーる より:

    http://www.so-net.ne.jp/access/mobile/bitwarp_em/terminal_cpn/
    はじめまして、こんなキャンペーン見つけました
    月に2980円で回線維持できるのは結構お得かと思いました
    何か罠があるのかな?

    • shimajiro より:

      >>まーるさん

      情報ありがとうございます。

      ちょっと気になるのが、

      ・端末が古い
      ・電話でのみ申込み
      ・Webに解約金が書いてない (10,500円でしょうか?)

      というあたりですかねー。
      この端末でokという方は検討する価値があるかもしれませんが、個人的にはスルーです(^ ^;

  3. ueponn より:

    はじめまして!私も気になって調べてみたんですけど
    囲い込みがきつくて、窮屈な感じですよね。。。;;
    これからも参考にさせていただきます☆