docomo回線を伯父さん名義に変更してきた

スポンサーリンク

契約中だけど殆ど寝かせている状態だったdocomo回線を、伯父さんの名義に変更して、これまでいわゆる『黒電話』しか使った事が無かった伯父さんを、ケータイデビューさせてきた。

■利用環境など
端末:FOMAらくらくホン(F880iES)を白ロムで入手(ACアダプタ、卓上ホルダ込みで約4,000円)
回線:僕の名義で契約中の回線を名義変更。手数料2,100円

本当は、適当な端末を新規で回線契約をしても良かったのだけれど、いわゆる『らくらくホン』系の端末で『一括0円』で販売している端末が見つからなかったと言うのと、割と近所に住んでいる実母が使っている端末とあわせるために、F880iESを白ロムで入手した次第。

関連エントリ:本人来店不要で回線を入手する方法と必要書類 | shimajiro@mobiler
上記エントリで残したように、今回は、契約者本人の来店なしで名義変更手続きを行うため、いろいろと書類の準備が手間だった(^ ^;

■用意した書類
・新契約者の身分証明書
・新契約者の通帳、印鑑(支払いが口座の場合)
・新契約者が記入した委任状
・代理人の身分証明書

これらを全部揃えて、商売をやってる伯父さんの店から一番近いドコモショップ蒲田店へ。
*最寄駅で言うと、大森町になるんだけれど、あの辺ってドコモショップ少ないのね…。という事を認識。

あらかじめサポートセンターなどで、必要になる書類を確認済みだった事もあって、名義変更の手続きは滞りなく完了した(^ ^)

で、もう一つ手続きを行ったのが、ファミリー割引の代表回線の変更。
もともと、嫁さんの母の回線が主回線になっていたけれど、この状態だと伯父さんの回線が同じファミリー割引に加入できない(三親等外になる)ので、これを自分の回線を主回線に変更することで、伯父さんを含めて三親等以内になるように、代表回線の変更を行った。

■変更後のファミリー割引加入回線
・自分(代表回線)
・母
・姉
・叔父さん
・嫁さん
・嫁さんの母
・嫁さんの兄

合計で7回線が加入している事になっているけれど、docomoのファミリー割引って、『2ヶ月繰越後の無料通話のファミリーグループ内シェア』が出来るので、基本的に加入回線数が多いに越したことは無くて、1ファミリー最大10回線の上限で、利用頻度の高いグループをうまく組みたいなぁ。と考えてはいるところ(^ ^;

今月に入ってから、予定外にDell Streak(001DL)を契約した(関連エントリ)けれど、WILLCOMの新つなぎ放題回線の解約(関連エントリ)だったり、docomoの音声寝かせ回線の名義変更だったりで、実は契約回線数が減少していたりする(^ ^;