So-net モバイルWiMAXの端末購入はAT型番で違約金が無さそう

スポンサーリンク

自宅用モバイルWi-Fiルータとして愛用中の『WM3500R』に、So-net向けオリジナルカラーバリエーションとして、PostPetのキャラクター『モモ』をモチーフにしたオリジナルモデルが提供されている。

So-netがWiMAX端末を発売、「PostPet」デザインのモデルも – ケータイ Watch

で、この記事と大元のSo-netの情報をよくよく読んでいくと、So-netがMVNOで提供するモバイルWiMAXサービスは、4/14以前は端末をレンタルする方式でしか提供しておらず、レンタルされた端末は『SO型番』となっていたため、So-netとしか契約が出来ないモデルだったのだけれど、So-netで『販売』している端末についてはなんと型番がATとなっている事に気づいた(^ ^)

So-net モバイル WiMAX:対応機器 | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net

『AT型番』だからどうしたって話をすると、『AT型番』の端末は、MVNOとの契約を解除後に自由に好きなWiMAX事業者と契約する事が出来るハズで、モモ モデルなWM3500RをUQ WiMAX本家だったり、契約中のMVNOの機器追加オプションとして使そう(^ ^)

さらに、So-netのモバイルWiMAXを調べていて気づいた点としては、『端末購入の場合は、短期解約でも違約金が発生しなさそう』という点(^ ^;

So-netモバイルWiMAXの利用規約には、解約時の違約金については以下のように設定されている。
So-net モバイル WiMAX:規約-お申し込みにあたっての注意事項 | 高速モバイル | インターネット接続 | So-net

■料金について
(中略)
レンタル品をご利用で最低利用期間内に解約された場合、契約違約金を請求いたします。

上記はあくまでも『レンタル品をご利用の場合』であって、機器購入の場合の違約金については、『記載が無い』(^ ^;

という事で、僕の推測としては以下の二点。

(1)AT型番な『WM3500R モモピンク』はSo-net モバイルWiMAX以外の事業者とも契約可能。
(2)レンタルではなくて、端末を購入した場合は、解約時の違約金が発生しない。
*但し、So-netのキャンペーンのページには下記の記載もあるので念のため。

本キャンペーンはSo-net モバイル WiMAXを継続的にご利用いただく前提でお申し込みください。継続利用の意志がないと判断されるお申し込みについては、機器購入費をご請求させていただくことがございます。

この仮説が正しい場合、4月一杯で行われている、WM3500R モモピンクも含めての端末代無料は、キャンペーン期間は短いけれど、かなり良い条件と言えそう(^ ^)

という事で、上記の確認が取れ次第ポチってしまいそうな感じ…。モモモデル、恐るべし!!
きっかけとなる情報を頂いた@takoyaki1223さん、ありがとうございました!多謝!