UQ WiMAXで大規模障害発生。東日本全域で通信が不可。

スポンサーリンク

21日(水)の夕方からUQ WiMAXのサービスが東日本エリアで利用できない大規模な障害が発生している。

UQコミュニケションズ社の公式発表内容は下記。
東日本エリアでWiMAX通信障害が発生しております | UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

内容
東日本エリアにて、センター設備の障害によりWiMAXサービスが広域でご利用できない状況(MVNOのサービスを含む)が発生しております。発生原因については、現在調査中です。

対象エリア
東日本地域全域

(北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、新潟)

発生日時
2011年09月21日(水)17時45分頃

復旧日時
現時点では復旧の見込みはたっておりません

サービスご利用中のお客様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。

今回発生した障害は、個別の基地局ダウンなどの部分的な障害ではなくて、東日本全域で利用ができない。というかなり大規模な障害状況で、当然僕も影響を受けている(^ ^;

自宅回線として使っているWiMAXが接続できないし、追加で契約している@nifty WiMAXも同じく接続する事ができない状況なので、自宅回線としてはEMOBILE G4だったりXi回線を緊急で使っている状態(^ ^;

それにしても、21日(水)の17時45分に発生してから間もなく12時間が経過するけれど、復旧見込みすらわからないとは…。
障害自体が発生する事は0にはできないけれど、サイトトップページでの告知が遅かったり、Twitterでの公式アカウントの情報発信なんかを見ると、今回のUQ WiMAXの障害告知方法なんかはお粗末だなぁ。と思っていて、その辺については下記のBlogエントリに紹介されているのでご紹介まで。

UQ WiMAX 東日本大規模障害への対応が酷いというお話 :: ぶらっく あんど

免許制のインフラ事業者として、UQコミュニケーションズさんには復旧対応を頑張って欲しいものです。