Xi対応スマートフォン向けの料金プランまとめ

スポンサーリンク

docomoの発表会でXi対応のスマートフォンが発表され、新たにXi対応スマートフォン向けの料金プランが発表されたのでFOMAのスマートフォンとの比較でまとめてみた。

■Xi対応スマートフォン向けの料金プランをFOMA向けのプランと比較

比較項目 Xi FOMA
基本料金 タイプXi にねん
780円
タイプSSバリュー
980円/月
通話料金 21円/30秒 21円/30秒
無料通話料 なし 1,050円
通話し放題オプション Xiカケ・ホーダイ
700円/月
提供なし
パケット通信料上限 Xiパケ・ホーダイ フラット
2012年4月まで:4,410円/月
2012年5月以降:5,985円/月
パケ・ホーダイ フラット
5,460円/月
テザリング利用時の
通信料上限金額
上限金額変更なし 速度制限なし:8,190円/月
128K接続:5,985円/月
パケット通信料上限で
利用可能な通信量
7GB 通信量制限なし
解約金など 『タイプXiにねん』の契約期間は二年間。契約満了月以外の解約などは、9,975円の解約金が発生。 『タイプSS バリュー』の980円/月はファミ割MAX 50など加入時の料金。
ファミ割MAX 50などの解約は、9,975円の解約金が発生。

Xi対応スマートフォン向けの料金プランでのポイントは以下。

  1. 申込みにはXi対応スマートフォンの購入が必要
  2. 『タイプXiにねん』など、Xi対応スマートフォン向けの料金プランへの申込みは、Xi対応スマートフォンの新規契約 or 機種変更が必要になるので、

    『Xi対応スマートフォンは持ってないけれど、現状のFOMA端末でXi向け料金プランを使いたい』

    という場合、単純な契約変更については受付てもらえない。
    この辺はFOMA 905iシリーズ移行の端末で契約可能になった『バリュープラン』と同様。
    *docomoのサポートセンターに確認済み。

    そもそも、Xi SIMをFOMA端末で使うこと自体が公式にはサポートしてもらえないけれど…(^ ^;
    *Xi対応スマートフォンを持ち込みでも、『タイプXiにねん』の契約が可能か?は不明。

  3. docomo宛の通話定額オプションが700円/月で利用可能
  4. Xiスマートフォン向けのオプションとして、docomo宛の通話が24時間定額で通話可能になる『Xiカケ・ホーダイ』が700円/月で利用可能となっている。

    FOMAに限らず、docomo宛の音声通話の定額プランなどは従来提供されておらず、音声通話が24時間定額(無料)になるのは、ファミ割MAX50加入者から同一のファミリー宛の通話のみに限られていたけれど、Xiスマートフォン向けの料金プランには『Xiカケ・ホーダイ』加入回線からdocomoへの宛の通話については、音声通話料金が定額で利用可能となる。

    他社の音声通話定額(主にSBMのホワイトプラン)と異なる点としては以下の3点

    (1)無料通話の対象となる範囲が広い
    ⇒docomoの契約者は全体で(データも含むけれど)5,800万の契約数があって、95%ぐらいが音声通話対応端末だとすると、700円/月のオプションで5,000万ユーザ以上との通話が無料になるのは、音声通話相手がdocomoが多いユーザにとってはかなりお得なオプションと言える。
    *さすがにWILLCOMの『だれとでも定額』にはかなわないけれど・・・。

    (2)時間の制限は無く、24時間定額通話が可能
    ⇒SBMの提供する『ホワイトプラン』は21時~翌1時までは通話定額の対象外となるけれど、『Xiカケ・ホーダイ』では通話時間の制限が無く、24時間音声通話が無料となる。
    時間帯を気にせず、24時間定額通話が出来るのはユーザとしては嬉しい(^ ^)

    (3)対象端末はXi対応スマートフォンに限定
    ⇒SBMの提供する『ホワイトプラン』は利用可能な機種に特に制限が無く、一気に加入者が増えていったけれど、docomoの『Xiカケ・ホーダイ』はその名の通りXiの音声通話専用のオプションであり、Xi端末購入などと同時で無いと申込みが出来ないので、『Xiカケ・ホーダイ』の加入者が爆発的に増える。という事はちょっと考えにくい(^ ^;

  5. テザリングを利用しても通信料上限が変わらない
  6. Xi対応スマートフォンがFOMA向けの料金プランと異なる点として、

    『テザリングを利用しても、通信料上限は変わらない』

    という点がある。
    FOMA向けの料金プランは『通信容量の大小に関わらず、テザリング利用の有無』で料金上限が変わるという、ある種イビツな料金体系になっていたけれど、Xi対応スマートフォン向けの料金プランではこれが解消された形になる。

    従来のFOMA向けの音声通話 + パケット定額オプションの組み合わせでは、スマートフォン向けの定額通信料に加えて4,000円/月ぐらいの負担が、テザリング利用時には必要となっていた(同時に値下げが発表されたけれど)のが、Xi対応スマートフォンであれば『テザリングの利用』自体には追加費用は発生せず、スマートフォンでのWeb閲覧やアプリケーションのDLと同じように、単純に『パケット通信量』としてカウントされるだけになる。

    『普段はテザリングを使わないけれど、急遽テザリングを使いたい』という場合でも、(特別な)追加のパケット通信料が発生しないのは、テザリング利用者の裾野が広がりそうな料金施策。

Xiスマートフォン向けの料金プランをまとめてみると、FOMA向けには提供していなかった、

・音声定額オプションの提供
・テザリング利用時の値上げの撤廃

などがFOMAと比べて優遇されており、『Xi契約者を増やしたい』というdocomoの戦略が理解できる。

Xi対応基地局の増加も予想より早いペースで進めている。という発表もあったので、今後Xi対応端末のラインナップにも期待できそう(^ ^)

コメント

  1. みず より:

    1に関してですが、DSで聞いたところ、持っていなくても変えられると言われましたよ。
    ただ、変更ができるのはXi通話対応のスマートフォンが出てからとのことですが。